ロシア海軍3艦隊合同演習は終了する

2013年1月19日から地中海黒海で開始されたロシア海軍3艦隊(黒海艦隊、バルト艦隊、北方艦隊)合同演習は終了し、3艦隊合同グループは解散します。
[ロシア海軍3艦隊合同演習は黒海と地中海で始まった]
13-0129a.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
【地中海のロシア連邦海軍グループは数日以内に解散する】
モスクワ、1月29日-ロシア通信社ノーボスチ

地中海東部の演習に参加しているロシア連邦海軍艦船グループは、数日以内に解散する。
火曜日、ロシア連邦国防省は発表した。

1月後半に地中海及び黒海で実施された海軍演習には、ロシア海軍の20隻以上の艦船と、原子力艦1隻を含む3隻の潜水艦が参加した。
演習は、ロシア連邦軍参謀本部総長代理アレクサンドル・ポストニコフ大将の指導下で行なわれた。

「バルト艦隊、北方艦隊、黒海艦隊の艦船が参加した地中海東部のロシア連邦海軍戦術演習は終了します。
今後数日中に海軍グループは解散し、バルト艦隊及び黒海艦隊の艦船は、ロシア領に位置する駐留場所へ向かいます」

ロシア軍当局の声明では、こう述べられた。

声明では、大型対潜艦「セヴェロモルスク」率いる北方艦隊艦船支隊スエズ運河へ向かい、2月後半には、現在、ソマリア沿岸で海賊から民間船舶の安全を保障している太平洋艦隊艦船と交代する事が明らかにされた。

アデン湾及びアフリカの角エリアは、定期的に船舶を乗っ取り、彼らの解放の為に身代金を要求するソマリア海賊の活動故に危険度が高い。
統計上、海賊攻撃の多いエリアにおけるロシア海軍艦船の常時存在は、海軍部隊使用計画により提供される。
(2013年1月29日13時58分配信)


『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア連邦国防省広報サービス情報管理部発表
2013年1月29日14時38分配信
【地中海のロシア海軍艦隊間グループ演習は最終段階に差し掛かる】


今回のロシア海軍の大演習には、23隻の水上艦船と3隻の潜水艦が参加しています。
[ロシア海軍3艦隊合同演習には20隻の水上艦船と3隻の潜水艦が参加する]

地中海東部には、少なくとも14隻の水上艦船と2隻の潜水艦(内1隻は原子力潜水艦)が展開しています。

[黒海艦隊艦船支隊]
親衛ロケット巡洋艦「モスクワ」
警備艦「スメトリーヴイ」
大型揚陸艦「サラトフ」
大型揚陸艦「アゾフ」
大型海洋給油船「イワン・ブブノフ」
海洋曳船MB-304

[バルト艦隊艦船支隊]
警備艦「ヤロスラフ・ムードルイ」
大型揚陸艦「カリーニングラード」(黒海から地中海へ移動中)
大型揚陸艦「アレクサンドル・シャバリン」(黒海から地中海へ移動中)
中型海洋給油船「レナ」
救助曳船SB-921

[北方艦隊艦船支隊]
大型対潜艦「セヴェロモルスク」
中型海洋給油船「ドゥブナ」
救助曳船「アルタイ」


その演習も間もなく終了し、黒海艦隊及びバルト艦隊の艦船は母港へ戻るようです。

今回の演習は、当初、太平洋艦隊艦船も参加すると言われていましたが、結局、参加しませんでした。
[ロシア海軍は1月末に地中海及び黒海で4艦隊の合同演習を実施する]
[ロシア海軍4艦隊艦船部隊は地中海東部に集結する]


今回の演習に参加した北方艦隊の艦船は、今後アデン湾へ行き、海賊対処任務に就きます。

現在、アデン湾には太平洋艦隊海賊対処部隊が居ます。
[ロシア太平洋艦隊艦船部隊はアデン湾で海賊対処任務に就いた]

当初は、北方艦隊太平洋艦隊の艦船が合同で海賊対処任務を実施すると報じられていましたが、結局、2月後半に太平洋艦隊艦船と交代する事になるようです。
[北方艦隊の大型対潜艦セヴェロモルスク、ソマリア沖へ]
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。