FC2ブログ

北極のノヴァヤ・ゼムリャ諸島へ派遣されたロシア海軍北方艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31BMは交代した


『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2021年2月8日8時0分配信
【ノヴァヤ・ゼムリャで試験戦闘当直に就いた北方艦隊の戦闘機飛行士は、要員と機材の交代を行なった】

ノヴァヤ・ゼムリャ諸島南島北方艦隊ロガチョフ飛行場では、1ヶ月前に北極空域でロシア連邦の国境線を保護する為の試験戦闘当直へ入った独立混成航空連隊戦闘機MiG-31BM及び要員の最初の交代が行なわれた。

島に居る部下の勤務条件を確認する為、北方艦隊航空・防空軍司令官アレクサンドル・オトロシェンコ中将が到着した。
彼は、コラ半島の駐留飛行場からノヴァヤ・ゼムリャまで航空機MiG-31BMを個人的に操縦し、そこへ着陸して近代化された航空機材の信頼性と飛行能力を評価した。

ノヴァヤ・ゼムリャにおける北方艦隊迎撃戦闘機の試験戦闘当直は、ロシア現代史上初めての取り組みとなった。
その最中に、北極の高緯度で使用される戦闘機の戦闘能力が評価された。
艦隊航空隊は、厳しい気象条件が航空機及びヘリコプターの使用に重大な影響を及ぼす北氷洋の島嶼の飛行場でオールシーズンの運用経験を有している。

空中での低温、強い横風、霧と低い雲、大雪、その他の自然の変動は、気象学者の予測に反しても非常に迅速に発生する可能性が有る。
従って、この北極圏での飛行は、いつも実際の天候に応じて実施される。
試験戦闘当直勤務の初日、飛行士は幸運だった。
試験戦闘部署へ就くと共に、彼らは仮想敵を迎撃する飛行訓練へ取り組むことが出来た。

北極圏ロシアの空中国境へ危険なほど接近しているノヴァヤ・ゼムリャで1ヶ月間空中当直へ就いた際、侵犯機は観測されなかった。

数年前、北極ロシア空域の防護の為、高射ミサイルシステムS-400「トリウムフ」で武装する北方艦隊第45航空・防空軍対空防衛連合部隊高射ミサイル連隊ノヴァヤ・ゼムリャで戦闘当直に就いた。
21-0117a.jpg
北極の飛行場で迎撃戦闘機が試験戦闘当直へ就く事は、高緯度における使用地域の大幅な拡大と、北方海上航路北極ロシア国営輸送動脈~エリア上空の空域監視ゾーンの著しい増大を可能にする。



第45航空・防空軍は、北方艦隊の指揮下で北極圏の防空を担当する為、元々の北方艦隊海軍航空隊に、ロシア航空宇宙軍(空軍)から移管した航空部隊及び防空部隊を加えて2015年12月に編成されました。

この時、モンチェゴルスク飛行場に駐留し、高空迎撃戦闘機MiG-31を有するヴィスレンスキー赤旗・クトゥーゾフ勲章授与・第98親衛混成航空連隊も移管されました。
(MiG-31の他に前線爆撃機Su-24M、戦術偵察機Su-24MRを保有)
21-0117d.jpg
21-0117e.jpg
21-0117g.jpg
21-0117f.jpg

第98親衛混成航空連隊の20機のMiG-31は、2019年末までにMiG-31BMにアップグレードされました。

モンチェゴルスク飛行場に駐留している北方艦隊MiG-31BMですが、2021年1月16日から北極圏ノヴァヤ・ゼムリャに分遣隊を派遣し、ロガチョフ飛行場へ駐留する事になりました。
[ロシア海軍北方艦隊の高空迎撃戦闘機MiG-31BMは北極のノヴァヤ・ゼムリャ諸島へ配備された]
21-0117c.jpg
21-0117h.jpg

それから約1ヶ月後の2月8日、ロガチョフ飛行場MiG-31BMは交代しました。

今後も、1ヶ月程度のローテーションでMiG-31BMノヴァヤ・ゼムリャへ派遣される事になるようです。

記事中で触れられていますが、ノヴァヤ・ゼムリャには、第33高射ミサイル連隊が2015年12月9日から駐留しています。
当初は高射ミサイル複合体S-300PMを装備していましたが、2019年末までにS-400「トリウムフ」へ機種改変しています。
21-0117b.jpg
関連記事
スポンサーサイト