FC2ブログ

ロシア海軍の重戦略用途原子力水中巡洋艦TK-208(ドミトリー・ドンスコイ)は2020年代半ばに退役する

21-0319b.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2021年5月1日10時28分配信
【情報筋は世界最大の潜水艦「ドミトリー・ドンスコイ」の勤務期間について述べた】
モスクワ、5月1日-ロシア通信社ノーボスチ

ロシア連邦海軍の戦闘編制に在る世界最大の活動潜水艦にして最後のプロジェクト941原子力潜水艦「ドミトリー・ドンスコイ」は、今後3~3年間で原子炉の燃料が完全に消費されるまで勤務する。
『ロシア通信社ノーボスチ』は造船分野の情報提供者より伝えられた。

以前に海軍総司令官ニコライ・エフメノフが述べたように、今年に2隻の新たなプロジェクト「ボレイ-A」潜水艦「クニャージ・ポチョムキン」「ドミトリー・ドンスコイ」が起工された後、現在「ドミトリー・ドンスコイ」の名を持つプロジェクト941潜水艦は、番号潜水艦(TK-208)として現役に留まり、新たな兵器システム及び機材の試験任務を遂行し続ける。

「戦略用途原子力潜水艦TK-208は、原子炉の燃料が完全に消費されるまで海軍の戦闘変遷へ留まります。
原子炉の炉心の再装填は計画されておりません。
予備的評価によると、艦の核燃料が完全に消費されるのは3~4年後であり、その後に海軍におけるその存在についての最終決定が採択されます」

対談者は話した。

彼は説明した。
「原子炉の再装填を伴うこの艦の必要な修理の実施、更なる潜水艦の運用は、過剰な費用が掛かり、無駄な事であると評されています」

対談者は、TK-208は勤務を終えた後、おそらくは『セヴマシュ』湾(セヴェロドヴィンスク市)で保管され、同型潜水艦「セヴェルスターリ」及び「アルハンゲリスク」と共に解体される事になるだろうと付け加えた。
20-0823d.jpg
20-0823e.jpg

プロジェクト941「アクラ」原子力潜水艦は世界最大であり、これらの潜水艦の満載水中排水量は49800トン、全長172メートル、幅23.3メートル。
潜水艦は2つの強化船体と、乗組員全ての為の2つの浮上緊急救助室を持つ。
同プロジェクト戦略水中巡洋艦は、20基の固体燃料弾道ミサイルR-39を搭載できる。



941-5.jpg
16-0621c.jpg
ロシア・ソ連潜水艦総合情報サイト『ディープストーム』より
【プロジェクト941「アクラ」(NATOコード名「タイフーン」)】
プロジェクト941重戦略用途原子力水中巡洋艦(タイフーン級)は、1981年~1989年に6隻が就役しましたが、現役に留まっているのは1隻のみであり、既に3隻が解体されています。

21-0115b.jpg
プロジェクト941巡洋原子力潜水艦の1番艦TK-208は、セヴェロドヴィンスクセヴマシュ造船所で1976年6月30日に起工されました。
21-0115k.jpg
21-0115l.jpg
21-0115n.jpg
21-0115m.jpg

21-0115r.jpg
1980年9月27日に進水し、1981年6月から8月まで工場航行試験を行ない、1981年11月から12月末まで国家試験を行ないました。
1981年12月27日には、初めて弾道ミサイルR-39の発射に成功しました。

1977年7月25日付でプロジェクト941「重戦略用途ロケット水中巡洋艦」に類別変更されました。

1981年12月29日に受領証書へ署名されてソ連海軍へ納入されましたが、翌1982年10月までは弾道ミサイルR-39(SS-N-20)の発射試験に従事し、総計で18回の発射に成功しました。
R-39.jpg

R-39の戦力化の目途が立った事を受け、1982年12月14日に海軍旗初掲揚式典を開催し、正式にソ連海軍へ就役し、北方艦隊第18潜水艦師団へ編入されました。
同年12月21日に母港となるザーパドナヤ・リツァニェールピチャ基地へ到着しました。
21-0115c.jpg

その後は戦闘勤務(戦略核パトロール任務)や弾道ミサイルR-39の発射試験に従事しました。

1988年9月20日にセヴェロドヴィンスク『セヴマシュ』へ到着し、新型弾道ミサイル「バルク」を搭載するプロジェクト941U改装が行なわれる事になり、翌1989年1月20日には予備役に編入されました。

しかし、1991年12月のソ連邦解体により資金供給は止まり、TK-208の工事はストップしました。

1992年6月3日付で「重戦略用途原子力水中巡洋艦」に類別変更されました。

その後、弾道ミサイル「バルク」の開発は中止され、新たにモスクワ熱技術研究所が開発する「ブラヴァー」を搭載する事になった為、今度はプロジェクト941UM改装を受ける事になりました。
21-0115g.jpg

2000年10月7日に「ドミトリー・ドンスコイ」と命名されました。

2002年6月26日に再進水し、6月30日から係留試験を開始し、翌2003年に洋上試験を行ないました。
21-0115j.jpg

洋上試験は2004年12月初頭に完了し、ロシア海軍へ再就役しました。
21-0115h.jpg

2005年から2010年まで潜水艦弾道ミサイル「ブラヴァー」の発射試験に従事しました。
21-0115i.jpg

その後、「ブラヴァー」発射試験艦としての任務を解かれ、今度は、海洋で試験を行なう新型潜水艦のサポート(試験のモニタリング)を行なう事になりました。
[タイフーン級原潜「ドミトリー・ドンスコイ」は試験艦として現役に留まる]
21-0115s.jpg

2013年には、戦略原潜「アレクサンドル・ネフスキー」、多用途原潜「セヴェロドヴィンスク」の海洋試験をサポートしました。
[タイフーン級原潜はロシア新世代原潜の海洋試験をサポートする]

2014年にも、新型原潜の海洋試験のモニタリングの為に何度か出航しています。
[タイフーン級原潜ドミトリー・ドンスコイは出航した]
[タイフーン級原潜ドミトリー・ドンスコイは帰港した]
[ロシア海軍最新鋭原潜セヴェロドヴィンスクはタイフーン級原潜ドミトリー・ドンスコイと共に出航した]

2015年6月26日から7月16日まで白海へ出航しました。
[ロシア海軍のタイフーン級原潜ドミトリー・ドンスコイは白海へ出航した]
[ロシア海軍最後のタイフーン級原潜ドミトリー・ドンスコイは3週間の航海を終えて帰港した]

2015年9月3日から10日まで、再び白海へ出航しました。
[ロシア海軍最後のタイフーン級原潜ドミトリー・ドンスコイは白海へ出た]
[ロシア海軍の重原子力戦略用途ロケット水中巡洋艦ドミトリー・ドンスコイはセヴェロドヴィンスクへ帰港した]


暫く動きの無かった「ドミトリー·ドンスコイ」ですが、2017年5月27日にセヴェロモルスクへ到着しました。
17-0530g.jpg
[ロシア海軍最後のタイフーン級原潜ドミトリー・ドンスコイは北方艦隊基地セヴェロモルスクへ移動した]

2017年7月中旬、「ドミトリー・ドンスコイ」は、クロンシュタット『ロシア海軍の日』観艦式へ参加する為、重原子力ロケット巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」と共にバルト海へ向かいました。
[ロシア海軍北方艦隊の重原子力ロケット巡洋艦ピョートル・ヴェリキーと重戦略用途原子力水中巡洋艦ドミトリー・ドンスコイはバルト海へ向かった]


「ドミトリー・ドンスコイ」「ピョートル・ヴェリキー」は、2017年7月25日にクロンシュタットへ到着しました。
[ロシア海軍北方艦隊の重原子力ロケット巡洋艦ピョートル・ヴェリキーと重戦略用途原子力水中巡洋艦ドミトリー・ドンスコイはクロンシュタットへ到着する]

17-0801c.jpg
2017年7月30日、サンクトペテルブルククロンシュタットで観艦式(主要海軍パレード)が行なわれました。
21-0115e.jpg
[2017年7月30日にクロンシュタットとサンクトペテルブルクで挙行される『ロシア海軍の日』観艦式には約40隻の艦船が参加する]

北方艦隊からは、重原子力ロケット巡洋艦「ピョートル・ヴェリキー」、重戦略用途原子力水中巡洋艦「ドミトリー・ドンスコイ」、ロケット巡洋艦「マルシャル・ウスチーノフ」、大型対潜艦「ヴィツェ・アドミラル・クラコーフ」の他に、潜水艦「ウラジカフカス」クロンシュタットの観艦式へ参加しました。


「ドミトリー・ドンスコイ」「ピョートル・ヴェリキー」は、主要海軍パレード終了後の翌7月31日にクロンシュタットを出航しました。
[ロシア海軍北方艦隊の重原子力ロケット巡洋艦ピョートル・ヴェリキーと重戦略用途原子力水中巡洋艦ドミトリー・ドンスコイはクロンシュタットを去った]

北方艦隊艦船部隊は、8月7日までに北海へ入りました。
[クロンシュタットの『ロシア海軍の日』観艦式へ参加した北方艦隊の艦船は北海へ入った]

その後、北方艦隊艦船部隊バレンツ海で演習を行なった後、8月11日にセヴェロモルスクへ帰投しました。
[クロンシュタットの『ロシア海軍の日』観艦式へ参加した北方艦隊の艦船はセヴェロモルスクへ帰投した]

「ドミトリー·ドンスコイ」は、暫くの間セヴェロモルスクに留まっていましたが、9月初頭に出航し、9月4日に母港セヴェロドヴィンスク(白海海軍基地)へ帰港しました。
[重戦略用途原子力水中巡洋艦ドミトリー・ドンスコイはセヴェロドヴィンスクへ帰港した]

2017年9月には北方艦隊の演習へ参加しました。
[タイフーン級戦略原潜ドミトリー・ドンスコイはロシア海軍北方艦隊の演習へ参加する]

2017年12月15日には就役35周年記念式典が開催されました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア北方艦隊広報サービス発表
2017年12月15日10時4分配信
【世界最大の潜水艦は35周年を迎えた】

他の同型艦は全て退役しましたが、「ドミトリー・ドンスコイ」のみは現役に留まっています。
21-0115d.jpg
[重戦略用途原子力水中巡洋艦ドミトリー・ドンスコイはロシア海軍で現役に留まり続ける]

2018年~2019年にはオーバーホールを行ない(2018年初頭から6月までロスリャコヴォ大型浮きドックPD-50へ入渠)、2019年6月20日から白海で航行試験を行ない、深度200メートルまで潜航しました。
21-0115q.jpg
21-0115p.jpg
21-0115o.jpg


一方、2021年に起工予定のプロジェクト955A(ボレイ-A)戦略用途原子力ロケット水中巡洋艦2隻の内の1隻が「ドミトリー・ドンスコイ」と命名される事になりました。
[ロシア海軍の為のボレイ-A戦略用途原子力ロケット水中巡洋艦ドミトリー・ドンスコイとクニャージ・ポチョムキンは2021年に起工される]

これに伴い、今の「ドミトリー・ドンスコイ」は、「名無し」のTK-208として暫くの間は現役に留まる事になります。
[ロシア海軍の重戦略用途原子力水中巡洋艦ドミトリー・ドンスコイは2020年代後半まで現役に留まる]

ただし、今回の「造船業界の情報提供者」によると、TK-208核燃料は、あと3~4年、つまり最大でも2025年頃までしか持たないとの事です。

それ以上TK-208を現役に留めるつもりならば、炉心(核燃料棒)の交換などのオーバーホールを行なう必要が有りますが、それが実行される可能性は低いようです。
関連記事
スポンサーサイト