FC2ブログ

ロシア海軍の大型揚陸艦4隻は地中海東部へ向かう

13-0219d.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2013年2月19日11時59分配信
【ロシア連邦海軍の4隻の揚陸艦は地中海へ派遣される】
モスクワ、2月19日-ロシア通信社ノーボスチ

近い内に黒海艦隊の4隻の大型揚陸艦から成る支隊は戦闘勤務遂行の為に地中海へ到着する。
火曜日、ロシア連邦国防省情報・広報サービス管理部は発表した。

現在、地中海には、ロシア連邦海軍の戦闘艦1隻-黒海艦隊警備艦「スメトリーヴイ」と数隻の保障船が居る。

「2013年1月19日から29日まで黒海及び地中海エリアで行なわれた軍指導部主導による海軍演習の結果、地中海におけるロシア戦闘艦の戦闘勤務の続行が決定されました」
国防省は伝えた。

国防省が指摘したように、既にノヴォロシースクを出航した大型揚陸艦「カリーニングラード」「アレクサンドル・シャバリン」は、近い内に地中海東部へ到着する。
更には、2月末までに大型揚陸艦「サラトフ」「アゾフ」地中海へ到着する。

「指定海域における今後のグループを構成する(艦船)数と艦船のタイプは、今後の状況に基づいて決められます」
声明では、こう述べられた。

この10年間で最大のロシア海軍艦隊間グループ演習には、黒海艦隊、バルト艦隊、北方艦隊の20隻以上の艦船、原子力艦1隻を含む3隻のロシア海軍潜水艦、更には遠距離航空隊及び第4航空・防空軍司令部が参加した。


『イタル-タス』より
2013年2月19日12時04分配信
【国防省指導部は地中海におけるロシア艦船の戦闘勤務の続行を決定した】
モスクワ、2月19日/イタル-タス

ロシア国防省指導部は、地中海におけるロシア戦闘艦の戦闘勤務の続行を決定した。
この決定は、2013年1月19日から29日まで黒海及び地中海エリアで行なわれた海軍演習の結果に基づいて採択された。
イタル-タスは、ロシア連邦国防省情報・広報サービス管理部より伝えられた。

「現在、地中海には警備艦スメトリーヴイと数隻の保障船が居ます」
軍当局は説明した。

更に国防省は、近い内に、この支隊には、既にノヴォロシースクを出航したバルト艦隊大型揚陸艦「カリーニングラード」「アレクサンドル・シャバリン」が参加すると伝えた。
加えて、2月末までには黒海艦隊大型揚陸艦「サラトフ」「アゾフ」地中海へ到着する。

「今後のグループを構成する(艦船)数、並びに指定海域で行動する艦船のタイプは、今後の状況に基づいて決められます」
国防省は要約した。

軍当局指導部が地中海におけるロシア連邦海軍艦船の戦闘勤務遂行の継続を決定した事に関し、ロシアの軍事専門家は、こう指摘した。
「以前のロシア戦闘艦グループの任務の概括内容が明らかにされていないのにも関わらず、この地域の情勢が拡大する可能性に基づく大型揚陸艦のグループ構成は、ロシア海軍部隊の主な任務が、シリアからのロシア市民の避難を可能にする事であると推察されます」


記事中で触れられているロシア海軍3艦隊(黒海艦隊、バルト艦隊、北方艦隊)合同演習は、2013年1月19日から29日まで黒海及び地中海東部で実施されました。
[ロシア海軍3艦隊合同演習(2013年1月下旬)]

バルト艦隊大型揚陸艦「カリーニングラード」「アレクサンドル・シャバリン」は、黒海沿岸(ノヴォロシースク近郊のマーリ・ウトリシュ)で行なわれた上陸演習に参加しました。
[バルト艦隊の大型揚陸艦は黒海で揚陸演習を行なう]
[ノヴォロシースク近郊で上陸演習が行なわれた]

その後、地中海東部へ行き、再び黒海へ戻り、ノヴォロシースクへ入港しました。
[バルト艦隊の大型揚陸艦2隻は再びノヴォロシースクへ入港した]

黒海艦隊警備艦「スメトリーヴイ」は、地中海東部3艦隊合同演習に参加し、2013年2月5日にセヴァストーポリへ帰港しました。
[ロシア黒海艦隊の戦闘艦はセヴァストーポリへ戻った]
今回のロシア国防省発表によると、また出港して地中海へ行ったようです。

黒海艦隊大型揚陸艦「サラトフ」「アゾフ」地中海東部3艦隊合同演習に参加し、一旦セヴァストーポリへ戻りました。
今回のロシア国防省発表によると、近い内に地中海へ向かうようです。


今度のロシア海軍地中海東部派遣部隊は、こうなるようです。

[ロシア海軍戦闘艦船支隊]
警備艦「スメトリーヴイ」
13-0219a.jpg

大型揚陸艦「カリーニングラード」
13-0219e.jpg

大型揚陸艦「アレクサンドル・シャバリン」
13-0219f.jpg

大型揚陸艦「アゾフ」
13-0219c.jpg

大型揚陸艦「サラトフ」
13-0219b.jpg

保障船(給油船及び救助曳船)数隻



黒海艦隊には大型揚陸艦7隻が在籍しているのですが、「サラトフ」「アゾフ」以外は修理中あるいは修理待ち状態であり、今すぐ動かせるのは、この2隻だけです。
この為か、バルト艦隊大型揚陸艦2隻も当面の間は地中海東部に留まる事になったようです。

なお、バルト艦隊大型揚陸艦2隻の他、警備艦「ヤロスラフ・ムードルイ」なども一緒に地中海へ来ており、1月下旬の3艦隊合同演習に参加したのですが、こちらはバルト海へ戻るようです。
関連記事
スポンサーサイト