ロシア海軍はタンザニアで対海賊演習を行なった

13-0221f.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
【太平洋艦隊将兵は、彼らのボートを「制圧」し、タンザニアの同僚に感銘を与えた】
ウラジオストク、2月20日-ロシア通信社ノーボスチ

ロシア連邦太平洋艦隊大型対潜艦「マルシャル・シャーポシニコフ」乗組員は、水曜日にタンザニアで対海賊演習を実施した。
「ロシア通信社ノーボスチ」は、同艦隊の公式代理人ローマン・マルトフ1等海佐より伝えられた。

「演習は、タンザニア海軍将兵の大型対潜艦マルシャル・シャーポシニコフ訪問から始まりました。
彼らには、海賊との戦いで使用された対テロリストグループの武器や装備の見本が提示されました」

マルトフ氏は話した。

彼は、演習の活動段階では、タンザニア海軍の艇が海賊船の役目で参加していたと説明した。
そこへ、ロシア海軍歩兵グループが乗り込んだ。

太平洋艦隊艦船支隊指揮官のウラジーミル・ウドヴェンコ海軍少将によると、ロシア海軍将兵の行動は、見学者に大いなる感銘を与え、タンザニア軍指導部からは高い評価を受けた。

「マルシャル・シャーポシニコフ」は、この前の日曜日(2月17日)に​​タンザニアダルエスサラーム港へ非公式訪問の為に到着した。
ロシア海軍代表団は、同市のトップとタンザニア海軍司令官を訪問し、太平洋艦隊将兵は、アレキサンドリア・全アフリカ総主教テオドロスII世猊下の礼拝に参加した。
13-0221c.jpg
13-0221b.jpg
13-0221a.jpg

水曜日、大型対潜艦「マルシャル・シャーポシニコフ」、給油船「イルクト」、海洋救助曳船「アラタウ」から成る支隊は、出発式典の後、インド洋へと向かう。
(2013年2月20日13時29分配信)


ロシア太平洋艦隊大型対潜艦「マルシャル・シャーポシニコフ」を中核とするアデン湾海賊対処部隊は、11月2日にウラジオストクを出港しました。
[ロシア海軍第14次アデン湾海賊対処部隊はウラジオストクを出港した]

11月28日にはインドムンバイへ入港し、インド海軍との合同演習「インドラ-2012」に参加しました。
[ロシア-インド海軍合同演習「インドラ-2012」は終了した]

その後、イランを訪れました。
[太平洋艦隊の軍艦はイランを訪れた]

2013年の元旦はアラビア海で迎えました。
[太平洋艦隊海賊対処部隊はアラビア海で新年を迎える]
[ロシア太平洋艦隊海賊対処部隊は新年を祝う]

2013年1月15日からアデン湾海賊対処任務に就きました。
[ロシア太平洋艦隊艦船部隊はアデン湾で海賊対処任務に就いた]

2013年2月7日にはセーシェル諸島を訪問しました。
[太平洋艦隊海賊対処部隊はセーシェル諸島を訪問する]

セーシェル諸島滞在中、同国のカーニバルに参加しました。
13-0221d.jpg
13-0221e.jpg


2月11日にセーシェル諸島を出港し、アフリカタンザニアへ向かいました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア東方軍管区広報サービス発表
2013年2月12日11時03分配信
【大型対潜艦「マルシャル・シャーポシニコフ」はタンザニアへ向かった】
13-0216g.jpg

2月17日、タンザニア連合共和国ダルエスサラームに到着しました。
[ロシア太平洋艦隊海賊対処部隊はタンザニアを訪問する]


そして今回の記事で書かれているように、タンザニアで対海賊演習を行なった後、2月20日にダルエスサラームを出港しました。

今回の記事によると、対海賊演習では、タンザニア海軍の戦闘艇を「海賊船」に見立て、そこへロシア海軍歩兵部隊が「突入」したとの事です。
【タンザニア海軍公式サイト】


今回の太平洋艦隊海賊対処部隊は、ロシア海軍全体で通算14回目、太平洋艦隊としては通算8回目になります。
[ロシア海軍はソマリア沖海賊対処任務を続ける]
スポンサーサイト