fc2ブログ

ロシア海軍黒海艦隊の10隻以上の艦船が地中海で行動している

『インテルファクス-軍事ニュース出張所(AVN)』より
2021年1月1日10時30分配信
【地中海のロシア戦隊には10隻以上の艦、潜水艦が含まれている-艦隊】
モスクワ、1月1日、インテルファクス

ロシア黒海艦隊は、地中海で任務を遂行している戦隊の構成について言った。

「遠海ゾーンの海軍常設グループの一員として特別な任務を遂行している黒海艦隊の10隻以上の艦と支援船の乗組員は、2022年の新年を地中海で迎えました」
同艦隊広報サービスは土曜日に発表した。

「現在、地中海の海軍グループは、フリゲート"アドミラル・グリゴロヴィチ"、小型ロケット艦ヴイシニー・ヴォロチョーク、哨戒艦ドミトリー・ロガチョフ、潜水艦、海洋掃海艦ヴィツェ・アドミラル・ザハリンと他の艦及び支援船で構成されています」
黒海艦隊
の声明では、こう述べられた。

地中海ロシア連邦海軍常設連合部隊を構成するロシアフリゲート、更にディーゼル潜水艦は、以前に何度もシリアの過激派へ有翼ミサイル「カリブル」(試作設計局『ノヴァトール』、株式会社『航空宇宙防衛コンツェルン・アルマーズ-アンテイ』により開発されたロシア有翼ミサイルファミリー)による打撃を与えた。

ロシア地中海においてシリアタルトゥース港に海軍基地を持っている。

2020年9月30日、ロシア連邦国防相セルゲイ・ショイグは、タルトゥースは数十隻の戦闘艦の受け入れが可能であると言った。
「全ての艦船停泊地には、生命維持システム、貨物積載場所、艦船の整備と小修理の為の修理複合体が装備されています」
この時、ロシア連邦国防相は言った。

ロシアは更に、シリアフマイミーン飛行場航空基地を持っている。
ロシア連邦航空宇宙軍航空機ヘリコプターは、シリア軍の地上作戦を支援している。
シリアではロシア連邦軍の特殊作戦部隊、敵対者調停センター支隊、軍事警察、海軍歩兵などが行動していると公式に発表されている。

ロシアは2015年9月30日からシリアで軍事作戦を行なっている。



ロシア黒海艦隊のフリゲート「アドミラル・グリゴロヴィチ」(4942016年3月11日就役)は、2021年10月28日にボスポラス海峡を南下、地中海へ入りました。
21-1123m.jpg
『Mil.Press FLOT』(フロートコム)より
2021年10月28日9時57分配信
【フリゲート「アドミラル・グリゴロヴィチ」は地中海へ進路を取った】

哨戒艦「ドミトリー・ロガチョフ」(3752019年6月11日就役)は10月26日にボスポラス海峡を南下、地中海へ入りました。
21-1123k.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア南方軍管区(黒海艦隊)広報サービス発表
2021年10月26日15時50分配信
【黒海艦隊の哨戒艦「ドミトリー・ロガチョフ」は黒海海峡ボスポラスの通行を開始した】

この2隻は、2021年11月16日~17日に地中海西部アルジェリア海軍と合同演習を実施しました。
[ロシア海軍黒海艦隊とアルジェリア海軍は地中海西部で合同演習を行なった]

その後、地中海東部で12月6日から10日まで実施されたエジプト海軍との合同演習『友情の橋-2021』へ参加しました。
[ロシア海軍とエジプト海軍の合同演習『友情の橋-2021』はエジプト沖で2021年12月3日~10日に実施される]
[ロシア海軍とエジプト海軍の合同演習『友情の橋-2021』が地中海で始まった]

小型ロケット艦「ヴイシニー・ヴォロチョーク」(6092018年6月1日就役)は2021年10月6日に地中海へ入りました。
21-1202-609.jpg
『Mil.Press FLOT』(フロートコム)より
2021年10月6日8時55分配信
【小型ロケット艦「ヴイシニー・ヴォロチョーク」は地中海へ進路を取った】

海洋掃海艦「ヴィツェ・アドミラル・ザハリン」(9082009年1月17日就役)は2021年11月8日に地中海へ入りました。
21-1202-908.jpg
『Mil.Press FLOT』(フロートコム)より
2021年11月8日9時38分配信
【掃海艦「ヴィツェ・アドミラル・ザハリン」は地中海へ向かった】


この他に以下の艦船が地中海で行動中です。

潜水艦「ロストフ・ナ・ドヌー」2021年3月中旬から地中海東部に滞在
潜水艦「クラスノダール」:2021年9月中旬から地中海東部に滞在

大型揚陸艦「オルスク」2021年12月中旬から地中海東部に滞在
21-1218a.jpg

中型偵察艦「キルディン」:2021年10月上旬から地中海東部に滞在
21-1202kil.jpg

小型海洋給油船「ヴィツェ・アドミラル・パロモフ」:2021年10月初頭から地中海東部に滞在
21-1202-paromov.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア南方軍管区(黒海艦隊)広報サービス発表
2021年10月2日14時0分配信
【黒海艦隊の小型海洋給油船「ヴィツェ・アドミラル・パロモフ」は海峡を地中海へ向けて通行する】

海洋曳船MB-304:2021年12月上旬から地中海東部に滞在
MB304-1209.jpg

対水中工作艇P-191「カデート」:2021年11月上旬から地中海東部に滞在
関連記事
スポンサーサイト