fc2ブログ

ロシア海軍航空隊の多用途複座戦闘機Su-30SM2は無人機を制御する


『イズベスチヤ』より
2022年2月9日0時0分配信
【艦隊のドローン:海上の「スーパー・スホーイ」は無人機を戦闘へ導く】

戦闘機Su-30SM2は無人飛行装置を制御し、情報を交換できるようになる

ロシア「スーパー・スホーイ」無人機を指揮できるようになる。
海上戦闘機Su-30SM2ドローンとの情報交換とそれを制御する能力を得る。
このお陰により航空機は、数百~数千メートルの距離で敵を探知し、攻撃する。
最初の4機のSu-30SM2は2022年にバルト艦隊航空連隊へ軍備として受け入れられた。
専門家は、このような協同行動のお陰により、ロシア海軍はその能力を激しく高めると指摘する。

[ドローンとの連絡]
航空機Su-30SM2
の為に、2名乗りの戦闘機S-70「オホートニク」を含む大型無人飛行装置の制御を可能にする通信複合体が完成するとロシア国防省の情報提供者は『イズベスチヤ』へ話した。

装置は、第5世代戦闘機Su-57の機内に有る物と統合される。
対談者によると、この方向性の作業は既に進められている。
「スーパー・スホーイ」無人機から情報を受け取るのみならず、その戦闘を制御する。

1月末に西方軍管区司令官アレクサンドル・ジュラヴリョフ大将は、最初の4機のSu-30SM2量産機がカリーニングラード州混成航空連隊へ補充されたと発表した。
これらはイルクーツク工場からロシアの飛び地の恒久駐留飛行場への移動飛行を行なった。
軍の評価によると、爆撃機Su-24Mと交換された後、混成連隊の効率は1.5倍に増加する。

以前、近代化されるSu-30SM2は、第5世代戦闘機Su-57からの統合通信・データ交換システムの要素を得ると科学技術センターNPP『ポリェート』所長アレクセイ・ラトネルは言った。

国防省は、重ジェット無人飛行装置S-70「オホートニク」の初飛行以来、戦闘機Su-57との共同使用の可能性を検討していた。

このようなドローン4機を同時に効果的に制御する為、航空機の特殊な複座ヴァージョンが開発されると伝えられた。

「Su-30SM2は真に多目的機であり、他の戦闘機よりも無人機との協同行動の為に適合しております」
軍事専門家ウラジスラフ・シュルイギン『イズベスチヤ』へ話した。
21-0823b.jpg
「複座配置であるが故に、これは、高精度誘導弾を含むあらゆる弾薬を効果的に使用できます。
パイロットが戦闘機を制御している間、2人目の乗員は兵器の使用やドローンとの協同行動へ完全に集中できます。
無論、通常、彼は自身でそれを『操縦』しません。
ここでは、装置のビデオ画像、探知された目標の座標を直接受信し、それに基礎的な指令を与え、監視領域を示す事が出来る点がより重要なのです」


[艦隊の無人機]
海軍
には、無人飛行装置の大規模な編制が有る。
北方艦隊には、海軍の利益の為に行動する無人飛行装置連隊全体が配置されている。
演習でそれは、ロケット艦との協同行動へ取り組み、彼らの為に空中偵察を行ない、地上標的を探す。

クリミア、カリーニングラード、そしてカムチャツカには、海上無人航空機の大隊と飛行中隊が配置されている。
それは、飛翔時間が長い中型無人飛行装置「フォルポスト」軽無人機「オルラン-10」で構成されている。
これらは海軍歩兵沿岸部隊へ援助を与えるのみならず、艦とも連携する。
演習中、これらは砲撃の調整とミサイル誘導の為の海上目標の捜索へ取り組む。
乗員と機材の大部分は、シリア・アラブ共和国での経験を得ている。

「艦隊の戦闘機は、ドローンの為の幾つかの主任務が有ります」
ウラジスラフ・シュルイギン
は説明した。
「無人機は、航空機が打撃を与える為に地上目標を偵察し、攻撃の結果を評価できます。
強力なレーダーを持つ将来モデルは、更にSu-30SM2の追加の目と耳となり、周囲数百キロメートルの状況を監視できるようになります」


専門家によると、Su-30との協同行動にとって、「アリチウス」「オホートニク」のように自身で兵器を搭載する事が可能な大型かつ高速の無人飛行装置モデルは最適である。
その使用は、重ミサイルや爆弾により、乗員を危険に晒す事無く充分に防護された施設への攻撃、更には長期に渡る海上や大洋の哨戒を可能にする。

ドローンを直接に戦闘艦へ配置する実験も進められている。
黒海艦隊フリゲート「アドミラル・エッセン」は、偵察無人飛行装置「オルラン-10」を捕捉できる急速展開ネットワークの試験に成功した。
それは、折り畳みカタパルトにより艦から直接射出できる。
複数のモデルの最新艦は、既にヘリコプター型ドローンが標準装備されている。

[スーパー・スホーイ]
多目的機Su-30SM2
は、ロシア軍において新たに製造された最も多いタイプの戦闘機Su-30SMを基に開発された。
航空宇宙軍及び海軍航空隊には、このような航空機が約120機有る。

海上航空隊Su-30SMは、戦闘機として、そして打撃機としての任務を遂行する。
「空対空」クラスのミサイルに加え、それは強力な対艦のKh-35誘導爆弾通常爆弾を搭載する。
それは既に演習目的のみならず、シリア・アラブ共和国において実際の戦闘状況下で試験が行なわれている。
演習中、これらは艦標的を一度ならず沈めた。

開発者は、近代化されたSu-30SM2多チャンネル通信・データ転送装置OSNODを得たと報告した。
それは、他の航空機、ヘリコプター、地上管制所とリアルタイムで情報を交換し、目標指示を出し、現代的な軍管理システムに含める事が出来る。

戦闘機機上レーダーは改善され、「スマートな」兵器のリストは拡張された。
加えて近代化されたSu-30の戦闘能力は向上し、輸入部品への依存から解放された。
それは、ウクライナで生産されたものを含め、一連の外国製造システムが交換された。

『ロシアンヘリコプターズ』によると、近代化された後のMi-28NMは、無人機から画像を受信し、制御する能力も得た。
その乗員は、中型ドローン「フォルポスト」及び「コルサール」、更にはカミカゼ・ドローンを含む小型無人飛行装置と自動的に連携し、制御できる。






多用途複座戦闘機Su-30SMは、インド空軍などが導入しているSu-30MK系列機をロシア軍向けに改正した機体であり、ロシア航空宇宙軍及びロシア海軍航空隊への導入が進められています。


ロシア海軍航空隊の為のSu-30SMの購入契約は2013年12月に締結されました。
[ロシア海軍航空隊の為に戦闘機Su-30SMと練習機Yak-130が購入される]

最終的には50機程度の調達が計画されています。
[多用途複座戦闘機Su-30SMはロシア海軍基地航空隊の主力となる]

現在までに、ロシア海軍航空隊では、黒海艦隊へ12機、バルト艦隊へ8機、北方艦隊へ2機が配備されています。

2014年7月に最初の3機がロシア海軍へ引き渡され、黒海艦隊へ配備されました。
[3機の多用途複座戦闘機Su-30SMがロシア海軍へ引き渡された]
[ロシア海軍航空隊は戦闘機Su-30SMの運用を開始した]

2016年12月12日までに合計12機のSu-30SM黒海艦隊航空隊へ配備され、1個飛行隊(エスカドリーリャ)分が揃いました。
[ロシア海軍黒海艦隊航空隊で多用途複座戦闘機Su-30SMの1個飛行隊が完全に形成された]


2016年12月初頭にはバルト艦隊航空隊へSu-30SMの最初の1機が配備されました。
[ロシア海軍バルト艦隊へ多用途複座戦闘機Su-30SMが配備される]

2016年12月28日には北方艦隊へ2機のSu-30SMが配備されました。
[ロシア海軍北方艦隊は2機の多用途複座戦闘機Su-30SMを受領した]

2017年には、計5機のSu-30SMバルト艦隊へ配備されました。
[ロシア海軍バルト艦隊は2機の多用途複座戦闘機Su-30SMを受領した]
[ロシア海軍バルト艦隊航空隊は3機の多用途複座戦闘機Su-30SMを受領した]

2018年7月2日、2機のSu-30SMバルト艦隊チェルニャホフスク飛行場へ到着しました。

[ロシア海軍バルト艦隊へ2機の多用途複座戦闘機Su-30SMが到着した]
これでバルト艦隊Su-30SMは合計8機になりました。


今後に調達されるのは改良型Su-30SM2となり、更にはロシア航空宇宙軍及びロシア海軍航空隊の現用のSu-30SMSu-30SM2仕様へアップグレードされます。
[ロシア航空宇宙軍とロシア海軍航空隊の多用途複座戦闘機Su-30SMはアップグレードされる]

アップグレードの主眼は、要するに、Su-30SM第4++戦闘機Su-35Sに準じた仕様へ改良する事です。


より具体的には、Su-35Sと同じエンジン(AL-41F1S、117S)及び同じレーダー(フェーズドアレイレーダー「イルビス」)への換装です。

AL-41F1Sエンジン
21-0503e.jpg

フェーズドアレイレーダー「イルビス」
21-0503f.jpg

2021年末までにロシア海軍向けの4機のSu-30SM2が製造されました。
[ロシア海軍の為の最初の4機の多用途複座戦闘機Su-30SM2が製造された]

2022年1月27日、この4機はカリーニングラード州バルト艦隊航空隊チェルニャホフスク飛行場へ到着しました。

[2022年にロシア海軍バルト艦隊航空隊へ多用途複座戦闘機Su-30SM2の配備が始まる]
[ロシア海軍バルト艦隊航空隊へ4機の多用途複座戦闘機Su-30SM2が配備された]


今後、Su-30SM2には無人機の制御機能が付与されます。

現在、ロシア航空宇宙軍重無人攻撃機「オホートニク」を制御する為の第5世代重戦闘機Su-57の複座型の開発が進められていますが、元々複座であるSu-30SM2無人機の制御に適した機体であり、Su-57と同様に無人機制御機能も付けられる事になりました。
関連記事
スポンサーサイト