fc2ブログ

ロシア海軍太平洋艦隊の為の新世代非金属複合材料対機雷防衛艦ピョートル・イリイチョーフは北極海経由でペトロパヴロフスク・カムチャツキーへ行く

22-0713f.jpg
『統合造船業営団』公式サイトより
2022年7月13日配信
【対機雷防衛艦「ピョートル・イリイチョーフ」はペトロパヴロフスク・カムチャツキーへの移動を開始した】

『中部ネヴァ川造船工場』(『統合造船業営団』へ加入)で建造されたプロジェクト12700対機雷防衛艦「ピョートル・イリイチョーフ」は、サンクトペテルブルクから太平洋艦隊の駐留場所~ペトロパヴロフスク・カムチャツキーへの移動へ着手した。

基地までの移動では北方海上航路を通行し、9月の後半に完了する。
その後、艦は海上への検査出航を行ない、引き渡し文書へ署名し、そして更に艦はロシア連邦海軍へ加わる。

軍艦「ピョートル・イリイチョーフ」は2018年7月に起工された。
これは『中部ネヴァ川造船工場』が建造するプロジェクト12700の6番艦となる。
更なる4隻の艦は、同社で様々な準備段階に在る。

プロジェクト12700は、ロシア連邦海軍の為に中央海洋設計局『アルマーズ』(『統合造船業営団』へ加入)が開発した。
これらの艦は新世代機雷掃海艦に属しており、新たな対機雷防衛艦は危険地帯へ入る事無く、海上や海底で機雷を探知できる。
機雷へ対処する為、艦は様々な種類の掃海具、更には遠隔操作の自動水中無人機を使用できる。

『中部ネヴァ川造船工場』におけるこれらの艦の建造には、世界の造船業界に同じものが無い最新のロシア技術が使用されている。
同プロジェクト艦は真空注入により形成される一体繊維強化プラスチックで製造された独特な世界最大の船体を有する。
船体の質量は金属製よりも小さく、その強度は著しく増大している。
このような船体は全く腐食する事は無く、その就役期間は、通常の運用を順守すれば事実上無制限である。

[プロジェクト12700対機雷防衛艦]
排水量-約890トン
全長約-62メートル
幅-約10メートル
最大速力-約16ノット
乗組員-44名




ロシア海軍新世代掃海艦プロジェクト12700「アレクサンドリト」は、船体が一体成型の繊維強化プラスチックで造られており、世界最大級の非金属船体艦です。
15-0424d.jpg
12700b.jpg
従来のソ連/ロシア海軍掃海艦は、外洋で活動する海洋掃海艦と、自軍基地周辺海域で活動する基地掃海艦に分けられていましたが、プロジェクト12700は、基地掃海艦海洋掃海艦を統合するものとなり、「対機雷防衛艦」とも呼ばれています。
(当初は基地掃海艦に分類されていたが、2016年に海洋掃海艦となった)


17-0611e.jpg
プロジェクト12700の6番艦「ピョートル・イリイチョーフ」は、サンクトペテルブルク『中部ネヴァ川造船工場』で2018年7月25日に起工されました。
18-0725e.jpg
18-0725f.jpg
18-0725h.jpg
18-0725g.jpg
[ロシア海軍の為のアレクサンドリト級掃海艦6番艦ピョートル・イリイチョーフは起工された]

その乗組員団は、カムチャツカ半島に駐留する太平洋艦隊北東軍集団第114水域防護艦旅団で編成されました。
[ロシア海軍太平洋艦隊の為の新世代非金属複合材料対機雷防衛艦ピョートル・イリイチョーフの乗組員が編成された]

「ピョートル・イリイチョーフ」乗組員は、2021年1月17日までにサンクトペテルブルク海軍総合研修センターへ到着し、訓練を開始しました。
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア連邦国防省情報・マスコミュニケーション部発表
2021年1月17日17時35分配信
【3隻の新たな戦闘艦の乗組員は海軍総合研修センターでの訓練の為にサンクトペテルブルクへ到着した】

「ピョートル・イリイチョーフ」は、2021年1月22日に屋内造船台から出渠しました。
21-0201b.jpg
21-0201a.jpg

一方、サンクトペテルブルク海軍総合研修センターでの訓練を終えた「ピョートル・イリイチョーフ」の乗組員は、同型艦「ヤーコフ・バリャーエフ」(2020年12月26日就役)で訓練を行なう為、2021年3月12日にウラジオストクへ到着しました。
20-1227d.jpeg
[ロシア海軍太平洋艦隊の為の新世代非金属複合材料対機雷防衛艦ピョートル・イリイチョーフ乗組員は同型艦ヤーコフ・バリャーエフで訓練を行なう]

「ピョートル・イリイチョーフ」は、2021年4月28日に進水しました。
21-0428g.jpg
21-0428f.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊の為の新世代非金属複合材料対機雷防衛艦ピョートル・イリイチョーフは進水した]

進水後は造船所の岸壁で艤装工事が進められました。
21-1201d.jpg
21-1201c.jpg

2021年12月1日からフィンランド湾で洋上試験(工場航行試験)を開始しました。
22-0713h.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊の為の新世代非金属複合材料対機雷防衛艦ピョートル・イリイチョーフはフィンランド湾で洋上試験を開始した]

その後もフィンランド湾バルト海で洋上試験が続けられていましたが、2022年7月初頭までには一通り完了し、2022年7月11日にサンクトペテルブルクを出航し、配備先であるカムチャツカ半島ペトロパヴロフスク・カムチャツキーへ向かいました。
22-0713g.jpg

「ピョートル・イリイチョーフ」北極海経由でペトロパヴロフスク・カムチャツキーへ行きます。

ペトロパヴロフスク・カムチャツキー到着は9月下旬に予定されており、その後に最終洋上試験が行なわれ、それが完了すればロシア海軍へ引き渡され、正式に太平洋艦隊へ編入されます。

なお、先に太平洋艦隊へ配備された同型艦「ヤーコフ・バリャーエフ」も、就役前に北極海経由でカムチャツカ半島へ回航されています。
21-0521b.jpg
[新世代非金属複合材料対機雷防衛艦ヤーコフ・バリャーエフはロシア海軍へ就役し、太平洋艦隊に編入された]


プロジェクト12700対機雷防衛艦は現在までに10隻が起工され、5隻が就役しています。

アレクサンドル・オブホフАлександр Обухов(工場番号521)
2011年9月22日起工/2014年6月27日進水/2016年12月9日就役
バルト艦隊へ配備

ゲオルギー・クルバトフГеоргий Курбатов(工場番号522)
2015年4月24日起工/2020年9月30日進水/2021年8月20日就役
黒海艦隊へ配備

イワン・アントノフИван Антонов(工場番号523)
2017年1月25日起工/2018年4月25日進水/2019年1月26日就役
黒海艦隊へ配備

ウラジーミル・イェメリヤノフВладимир Емельянов(工場番号524)
2017年4月20日起工/2019年5月30日進水/2019年12月28日就役
黒海艦隊へ配備

ヤーコフ・バリャーエフЯков Баляев(工場番号525)
2017年12月26日起工/2020年1月29日進水/2020年12月26日就役
太平洋艦隊へ配備

ピョートル・イリイチョーフПётр Ильичев(工場番号526)
2018年7月25日起工/2021年4月28日進水/2022年末就役予定
太平洋艦隊へ配備予定

アナトーリー・シレモフАнатолий Шлемов(工場番号527)
2019年7月12日起工/2021年11月26日進水
太平洋艦隊へ配備予定

レフ・チェルナヴィンЛев Чернавин(工場番号528)
2020年7月24日起工
太平洋艦隊へ配備予定

アファナシー・イワンニコフАфанасий Иванников(工場番号529)
2021年9月9日起工
北方艦隊へ配備予定

ポリャールヌイПолярный(工場番号530)
2022年6月12日起工
北方艦隊へ配備予定


現在の所、プロジェクト12700対機雷防衛艦は、計12隻の建造が承認されています。
[ロシア海軍の為の新世代掃海艦アレクサンドリト級は12隻が建造される]
関連記事
スポンサーサイト