fc2ブログ

ロシア海軍黒海艦隊のワシーリー・ブイコフ型哨戒艦は新たなミサイル兵器を装備する

22-0817k.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2022年8月17日12時49分配信
【プロジェクト22160艦は新たなミサイルで武装する】
モスクワ、8月17日-ロシア通信社ノーボスチ

プロジェクト22160哨戒艦シリーズは継続され、業界は新たなミサイル複合体「クラブ」「レスルス」での武装を提案している。
造船営団『アク・バルス』(艦の製造者)総取締役レナート・ミスタホフ『ロシア通信社ノーボスチ』へ語った。
22-0817p.jpg

以前、複数のメディアは、プロジェクト22160艦はこれ以上建造される事は無いと報じた。

「艦はミサイル"クラブ"と高射複合体レスルスを設置できます。
従いまして、これらのミサイル複合体が設置されるという事は、まさしくこのプロジェクトが継続するものと私共は見ております」
ミスタホフ
は話した。

彼によると、まさしくこのような艦がその後に開発されている。
「何故ならば、非常に優れたプラットフォーム、非常に優れた航行性能、優れた喫水、優れた26ノットの巡航速力と12ノットの経済速力であるからです」

プロジェクト22160哨戒艦は、海上経済ゾーンの防護と保護、軍事行動の場合、基地海域の防衛中に艦隊の部隊と施設の安定を保障する為に意図されている
艦は最新の電波技術複合体と水中音響兵装を装備する。

7月末、新たな哨戒艦「セルゲイ・コトフ」黒海艦隊の一員として加わった。
Nov-2022.jpg



20-0812b.jpg
プロジェクト22160哨戒艦は、平時には領海警護、200海里の排他的経済水域の哨戒、海上密輸及び海賊行為の取り締まり、海難救助支援、海洋環境調査、 戦時には船舶の海上航行警護、海軍基地及び近海防衛を行なう多目的艦です。

現在建造中のプロジェクト20380コルベット及びプロジェクト20385コルベットよりも、やや小サイズの艦ですが、航続性能は20380/20385を上回っています。

設計はサンクトペテルブルク『北方計画設計局』が担当しました。

建造を担当するのは、ロシア内陸部タタールスタン共和国『ゼレノドリスク造船所』です。
19-0222a.jpg
【公開株式会社「A.M.ゴーリキー記念ゼレノドリスク工場」公式サイト】

基本的には軽武装の22160哨戒艦ですが、対艦ミサイル高射ミサイルなどの汎用戦闘モジュールコンテナを装備して武装を強化する事も出来ます。
[ロシア海軍の新世代水上艦の為の汎用戦闘モジュールコンテナの試験が始まる]
[ロシア海軍黒海艦隊の最新哨戒艦ワシーリー・ブイコフは白海で新型兵器の試験を行なう]


プロジェクト22160哨戒艦は、現在までに6隻が起工され、4隻が就役しています。

「ワシーリー・ブイコフ」Василий Быков(工場番号161)
2014年2月26日起工/2017年進水/2018年12月20日就役

「ドミトリー・ロガチョフ」Дмитрий Рогачёв(工場番号162)
2014年7月25日起工/2017年進水/2019年6月11日就役

「パーヴェル・デルジャーヴィン」Павел Державин(工場番号163)
2016年2月18日起工/2019年2月21日進水/2020年11月27日就役

「セルゲイ・コトフ」Сергей Котов(工場番号164)
2016年5月8日起工/2021年1月29日進水/2022年7月31日就役

「ヴィクトール・ヴェリキー」Виктор Великий(工場番号165)
2016年11月25日起工/2022年就役予定

「ニコライ・シピャーギン」Николай Сипягин(工場番号166)
2018年1月13日起工/2023年就役予定



対空兵装は貧弱な22160哨戒艦ですが、2022年2月下旬以降のウクライナ特殊軍事作戦の戦訓に基づき、応急的に高射ミサイル複合体「トール-M2KM」のモジュールを搭載する事になりました。
[ロシア海軍黒海艦隊のワシーリー・ブイコフ型哨戒艦は高射ミサイル「トール-M2KM」モジュールを搭載する]
22-0817i.jpg
22-0817j.jpg

ただ、これはあくまでも応急的な措置であり、22160哨戒艦を建造している造船営団『アク・バルス』(『ゼレノドリスク造船所』はその傘下企業)は、新たなミサイル複合体「クラブ」「リソルス」の設置を提案しています。

ミサイル複合体「クラブ」と言うのは、おそらくはコンテナ収納型の「クラブ-K」(巡航ミサイル「カリブル」)の事でしょう。
22-0817m.jpg
22-0817l.jpg

高射ミサイル複合体「レスルス」(3K-96-3E)は、プロジェクト20380コルベットが装備する「リドゥート」の輸出型で9M96ミサイル(射程50km)と9M100ミサイル(射程15km)を発射します。
22-0817o.jpg

おそらくは、これらのミサイル汎用戦闘モジュールコンテナとして装備するという事でしょう。
関連記事
スポンサーサイト