fc2ブログ

セヴァストーポリ付近でウクライナ軍の5機の無人機が撃墜された

22-1123c.jpg
『タス通信』より
2022年11月23日3時20分配信
【セヴァストーポリ海域上空で更に3機の無人機の攻撃が撃退された】
セヴァストーポリ、11月22日/タス通信

3機の無人機が海上からセヴァストーポリへの攻撃を試みたが、攻撃は撃退された。
その前には、バラクラバ火力発電所への攻撃を計画した2機の無人機が撃墜された。
火曜日にミハイル・ラズヴォジャエフは自身のテレグラムチャンネルへ投稿した。


「バラクラバ火力発電所への接近を試みた2機の無人機は対空防衛部隊により撃墜されました。
ウクライナのナチスは、再びバラクラバ火力発電所への攻撃を試みました。
おそらく彼らは、11月22日にへルソン州の送電線を爆破し、クリミア半島のセヴァストーポリでは停電が発生した7年前のテロ攻撃に合わせようとしたのでしょう。
(今回は)上手く行きませんでした。
本日に我々の艦隊は、(セヴァストーポリ)海域上空で更なる3機の無人飛行装置の攻撃を撃退しました」
ラズヴォジャエフ
は記した。

以前に彼は、セヴァストーポリで対空防衛が動作し、2機の無人機を撃墜したと述べた。

攻撃後に市内での火災やインフラの損害は記録されていない。
負傷者は居ないと知事は付け加えた。

前回のバラクラバ火力発電所への攻撃は10月27日夜に実行された。
その結果、メンテナンス中の変圧器の1つが燃えた。

2015年11月22日の夜、ウクライナの活動家はウクライナヘルソン州で送電線を爆破し、クリミアの200万人以上の住民へ電気が届かなくなった。
半島のエネルギーシステムは隔離動作モードへ切り替わり、緊急モードが導入され、消費者への計画停電の適用が開始された。

状況はクバンからケルチ海峡を横断する400メガワットの容量の送電橋の始動により改善された。
その後、新たなネットワークが構築され、セヴァストーポリバラクラバ火力発電所シンフェローポリタヴリチェスカヤ火力発電所の電源ユニットが始動した。
22-1123a.jpg
22-1029c.jpg
22-1123b.jpg



2022年2月24日にウクライナ特殊軍事作戦が始まって以来、セヴァストーポリには何度もウクライナ軍無人機が侵入し、撃墜されています。

1度目は3月26日でした。
[セヴァストーポリへ接近したウクライナの無人機が撃墜された]

8月20日は黒海艦隊本部の建物が攻撃されました。
[ロシア黒海艦隊本部は無人機の攻撃を受けた]

8月23日にも無人機が撃墜されました。
[セヴァストーポリ沖で無人機が撃墜された]

9月21日にはセヴァストーポリ近郊で水中無人機が破壊されました。
[セヴァストーポリ付近で水中無人機が破壊された]

10月29日には大規模な無人機攻撃が行なわれ、海洋掃海艦「イワン・ゴルベツ」が軽微な損傷を受けました。
[ロシア海軍黒海艦隊の艦はセヴァストーポリ湾でウクライナ軍の無人機を撃墜した]
[セヴァストーポリ湾でロシア海軍黒海艦隊の掃海艦及び民間船がウクライナ軍無人機の攻撃を受けた]
[ロシア海軍黒海艦隊の警備艦ラードヌイはセヴァストーポリへ侵入したウクライナのドローンを破壊した]

なお、日本では、この10月29日の無人機攻撃により黒海艦隊のフリゲート「アドミラル・マカロフ」が大破したなどと信じている人が多いようですが、現地からの情報により無傷である事が確認されています。
(つまりデマ)

【ZOKA氏の2022年10月30日午後9時23分のツイート】
【AZ氏の2022年11月1日午前6時29分のツイート】
【Lorena氏の2022年11月1日午前6時31分のツイート】

10月31日の「アドミラル・マカロフ」
22-1117c.jpg

10月31日の「アドミラル・エッセン」
22-1117b.jpg

11月1日と11月8日にもセヴァストーポリ近郊で無人機が撃墜されました。
[セヴァストーポリ上空でウクライナ軍の無人機が撃墜された]

11月22日夜、セヴァストーポリ東方のバラクラバ火力発電所付近でウクライナ軍の2機の無人機が、セヴァストーポリ近辺で3機の無人機が撃墜されました。
関連記事
スポンサーサイト