fc2ブログ

ポルトガル海軍のフリゲートは大西洋上でロシア海軍北方艦隊のフリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」を監視した

23-0123i.jpg
『The Portugal News』より
2023年1月22日配信
【ポルトガル海軍はロシア艦船へ同行した】

ポルトガル海軍は、ポルトガル沖のロシア海軍艦船2隻の通過へ同行した。

「NRPバルトロメウ・ディアスは同盟国及びNATO(北大西洋条約機構)と協力し、1月12日から今週までポルトガル沖を通過するロシアのフリゲートへ同行しました」
ポルトガル海軍
は話した。
23-0123g.jpg

声明によると、艦は「大西洋中部のフローレス島の西方約1300キロメートルから大陸を横切る航海でフリゲート"アドミラル・ゴルシコフ"を6日間に渡り常時監視しました」
23-0123k.jpg

アゾレス諸島海域で任務に就いているNRP「シネス」「1月19日から20日まで給油船カーマにも同行しました」
23-0123h.jpg

「ポルトガル海軍は海上作戦センターを通じ、国益のある海域の積極的な監視を維持し、海上でのポルトガルの利益を促進および保護する事を目的とし、艦の適切な準備を確保しています」



ロシア北方艦隊1等多目的フリゲート・プロジェクト22350の1番艦「アドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・ゴルシコフ」(ソ連邦海軍元帥ゴルシコフ)(2018年7月28日就役)は、極超音速対艦ミサイル「ツィルコン」を搭載して大西洋、地中海、インド洋への遠距離航海に出発しました。


[極超音速対艦ミサイル「ツィルコン」を搭載するロシア海軍北方艦隊のフリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」は大西洋、地中海、インド洋への遠距離航海へ出発した]

「アドミラル・ゴルシコフ」に随伴するのは、プロジェクトREF-675中型海洋給油船「カーマ」(1982年9月29日就役)です。
23-0110g.jpg
「カーマ」は、2019年2月~7月に行なわれた「アドミラル・ゴルシコフ」の世界一周航海にも同行しています。
[ロシア海軍北方艦隊の給油船カーマは世界一周航海を終えてムルマンスクへ帰投した]

出航後、「アドミラル・ゴルシコフ」ノルウェー海を南下し、1月9日頃に対空防衛演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊のフリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」はノルウェー海で対空防衛演習を実施した]

1月11日には北海を通過しました。
[ロシア海軍北方艦隊のフリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」は北海へ入った]

1月12日にはラ・マンシュ海峡(英仏海峡)を通過しました。
[ロシア海軍北方艦隊のフリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」はラ・マンシュ海峡(英仏海峡)を通過した]

1月19日に大西洋上で艦載ヘリコプターの飛行訓練を行ないました。

[ロシア海軍北方艦隊のフリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」は大西洋上で艦載ヘリコプターの飛行訓練を実施した]

この間、ポルトガル海軍フリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」の動向を監視していました。

今後、「アドミラル・ゴルシコフ」地中海へ入り、シリアタルトゥース港で物資を補充した後にスエズ運河を通過して紅海、インド洋へ行き、2023年2月下旬に南アフリカ沖で行なわれる南アフリカ海軍及び中国海軍との合同演習へ参加します。
[ロシア海軍北方艦隊のフリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」は2023年2月下旬に南アフリカ沖で中国海軍及び南アフリカ海軍との合同演習へ参加する]
関連記事
スポンサーサイト