バルト艦隊のロケット艦艇部隊は射撃演習を実施した


『イタル-タス』より
2013年4月18日13時48分配信
【バルト艦隊のロケット艦は演習において仮想敵の戦闘艦支隊を撃破した】
カリーニングラード、4月18日/イタル-タス

バルト艦隊艦艇打撃グループは海洋演習中にミサイル及び砲射撃を成功裏に実施し、仮想敵の戦闘艦支隊を撃破した。
イタル-タスは、西方軍管区下のバルト艦隊の広報サービス・情報供給部長ウラジーミル・マトヴェーエフ2等海佐より伝えられた。

「艦隊の戦闘訓練計画に従い、バルト海エリアに位置する射爆場において、小型ロケット艦リヴェン、ロケット艇クズネツク、ディミトロフグラード、R-2で構成される艦艇打撃グループは、複合目標である仮想敵の戦闘艦支隊へ合同でミサイル及び砲射撃を成功裏に実施しました」
マトヴェーエフ氏は話した。

バルト艦隊公式代理人は、水上及び空中目標へのミサイル及び砲射撃は、バルチースク海軍基地のロケット艇部隊の司令官アレクセイ・アパノヴィチ1等海佐指揮下の冬期訓練において実施された事を指摘した。

海洋機動演習の過程においては、浮揚機雷の掃討、電波妨害演習、艦のダメージコントロール演習といった実地課題が仕上げられた。


記事中に出てくる「バルチースク海軍基地のロケット艇部隊」は、第36ロケット艦旅団を指しています。
現在、プロジェクト12411ロケット艇7隻、プロジェクト12341小型ロケット艦4隻が在籍しています。

第36ロケット艦旅団
[第1親衛ロケット艇大隊]
ロケット艇R-2
ロケット艇R-47
ロケット艇R-129「クズネツク」
ロケット艇R-187
ロケット艇R-257
ロケット艇R-291「ディミトロフグラード」
ロケット艇R-293「モルシャンスク」

[第106小型ロケット艦大隊]
小型ロケット艦「ゲイゼル」
小型ロケット艦「ズィビ」
小型ロケット艦「リヴェン」
小型ロケット艦「パッサート」

13-0420a.jpg

今回の演習には、この4隻が参加しました。

小型ロケット艦「リヴェン」
13-0420b.jpg

ロケット艇R-2
13-0420c.jpg

ロケット艇R-129「クズネツク」
13-0420d.jpg

ロケット艇R-291「ディミトロフグラード」
13-0420e.jpg


ロケット艇(プロジェクト12411、タランタルIII級)超音速対艦ミサイル「モスキート」(SS-N-22)小型ロケット艦(プロジェクト12341、ナヌチュカIII級)亜音速対艦ミサイル「マラヒート」(SS-N-9)を装備しています。

「マラヒート」は、2008年8月上旬の南オセチア紛争において実戦使用され、グルジアの戦闘艇を撃沈しています。
[アブハジア沖海戦(仮)続報・その3]


加えて今回の演習では、これらの小型ロケット艦及びロケット艇による機雷掃討訓練も行われたとの事です。

小型ロケット艦76mm単装砲1基、30㎜ガトリング砲1基、ロケット艇76mm単装砲1基、30㎜ガトリング砲2基を装備していますが、これで機雷を掃射したのでしょう。

AK-176 76mm単装砲
13-0420f.jpg

AK-630 30㎜ガトリング砲
13-0420g.jpg
スポンサーサイト

コメント

トラックバック