fc2ブログ

インド洋南西部でのロシア海軍、南アフリカ海軍、中国海軍の合同演習『モシ-2』は完了した


『ズヴェズダーテレビ』より
2023年2月27日13時53分配信
【「アドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・ゴルシコフ」は中華人民共和国及びロシア連邦の演習で「敵」水上目標を撃破した】

インド洋海域において、南アフリカ共和国及び中国との合同演習でロシアを代表するフリゲート「アドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・ゴルシコフ」の乗組員は、艦載砲装置から水上目標を撃破した。

仮想敵は距離12キロメートルで排除された。
我々の砲兵要員に続き、中国の軍事船員が戦闘へ入った。
合同演習のもう1つの任務は、空中からの攻撃の撃退にあった。
我々の戦闘対潜ヘリコプターKa-27は、海賊から民間船を取り戻した。

訓練の主な目的は、海賊との戦いを含めた大洋ゾーンにおける海上の脅威への対抗、海上で遭難した人員、艦船への援助と救助に在った。

大規模演習へ参加し、アフリカ沿岸へ到達する為、ロシア軍人大西洋全体とインド洋を縦断した。
フリゲートは、極超音速対艦ミサイル「ツィルコン」で武装し、初めてこのような遠距離航海へ向かった。

以前、今年には演習『モシ』が2月17日から26日まで実施されると伝えられた。
それに参加する為、ロシアフリゲート「アドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・ゴルシコフ」リチャーズ・ベイ港へ到着した。



『ズヴェズダーテレビ』より
2023年2月27日13時55分配信
【インド洋でロシア、中国、南アフリカ共和国の海軍演習は完了した】

ロシア国防省は、インド洋でのロシア、中国、南アフリカ共和国の海軍演習の完了を発表した。

「演習参加者は3日間に渡り、指定海域での多国籍戦闘艦支隊の形成、様々な構成及び戦闘隊列での合同戦術操艦、浮遊機雷を模した標的への射撃の実行を伴う海上移動中の対機雷防衛任務へ取り組みました」
声明では、こう述べられた。

更に3ヶ国の戦闘艦は海上目標への砲射撃を実施し、人質を乗せて拿捕された船を解放する戦術に磨きを掛けた。
演習参加者は海上で遭難した艦へ援助を与え、水上に浮かぶ人員を救助する訓練を行なった。

ロシア防衛当局は、一連のエピソードにはフリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」で運用されている艦上ヘリコプターKa-27が参加していたと説明した。

ロシアからは「ゴルシコフ」自身と北方艦隊中型海洋給油船「カーマ」が代表した。
中国からはフリゲート「日照」、駆逐艦「淮南」、支援船「可可西里湖」が参加した。
南アフリカ共和国側からはフリゲート「メンディ」が演習へ関わった。

ロシア連邦国防省は、北方艦隊艦船支隊が計画に沿って遠距離航海任務の遂行を続けると付け加えた。



ロシア北方艦隊1等多目的フリゲート・プロジェクト22350の1番艦「アドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・ゴルシコフ」(ソ連邦海軍元帥ゴルシコフ)(2018年7月28日就役)は、極超音速対艦ミサイル「ツィルコン」を搭載して大西洋、地中海、インド洋への遠距離航海に出発しました。
[極超音速対艦ミサイル「ツィルコン」を搭載するロシア海軍北方艦隊のフリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」は大西洋、地中海、インド洋への遠距離航海へ出発した]

「アドミラル・ゴルシコフ」に随伴するのは、プロジェクトREF-675中型海洋給油船「カーマ」(1982年9月29日就役)です。
23-0110g.jpg
「カーマ」は、2019年2月~7月に行なわれた「アドミラル・ゴルシコフ」の世界一周航海にも同行しています。
[ロシア海軍北方艦隊の給油船カーマは世界一周航海を終えてムルマンスクへ帰投した]

出航後、「アドミラル・ゴルシコフ」ノルウェー海を南下し、1月9日頃に対空防衛演習を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊のフリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」はノルウェー海で対空防衛演習を実施した]

1月11日には北海を通過しました。
[ロシア海軍北方艦隊のフリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」は北海へ入った]

1月12日にはラ・マンシュ海峡(英仏海峡)を通過しました。
[ロシア海軍北方艦隊のフリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」はラ・マンシュ海峡(英仏海峡)を通過した]

1月19日に大西洋上で艦載ヘリコプターの飛行訓練を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊のフリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」は大西洋上で艦載ヘリコプターの飛行訓練を実施した]

この間、ポルトガル海軍フリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」の動向を監視していました。
[ポルトガル海軍のフリゲートは大西洋上でロシア海軍北方艦隊のフリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」を監視した]

2022年1月下旬の時点で「アドミラル・ゴルシコフ」大西洋の真ん中(フローレス島の西方1300キロメートル付近)まで進出しました。
(この頃、「カーマ」アゾレス諸島沖に居た)
23-0125a.jpg
[ロシア海軍北方艦隊のフリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」はアメリカ本土へ接近する?]

「アドミラル・ゴルシコフ」は1月25日に大西洋西部で極超音速ミサイル「ツィルコン」の模擬発射訓練を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊のフリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」は大西洋西部で極超音速対艦ミサイル「ツィルコン」の模擬発射訓練を実施した]

一方、大西洋中部に居た給油船「カーマ」は、1月31日に遭難したフランスヨットを救助しました。
[ロシア海軍北方艦隊の中型海洋給油船カーマは大西洋上で遭難したフランスのヨットを救助した]
23-0201a.jpg

2月8日には大西洋上で対潜/対魚雷複合体「パケート-NK」の模擬発射訓練を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊のフリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」は大西洋で対潜/対魚雷複合体パケート-NKの模擬発射訓練を実施した]

2月10日には大西洋南部130mm単装砲の砲撃訓練を行ないました。
[ロシア海軍北方艦隊のフリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」は大西洋南部で130mm単装砲の砲撃訓練を実施した]

「アドミラル・ゴルシコフ」は、2月13日に南アフリカケープタウンへ到着しました。
[ロシア海軍北方艦隊のフリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」は南アフリカ共和国のケープタウン港へ到着した]
23-0214d.jpeg

2月15日にケープタウンを出航し、ダーバンへ向かいました。
[ロシア海軍北方艦隊のフリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」は南アフリカ共和国のケープタウンを出航し、ダーバンへ向かった]
23-0209l.jpg
2月17日にダーバンへ到着しました。
[ロシア海軍北方艦隊のフリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」は南アフリカ共和国のダーバンへ到着した]
23-0225b.jpg

その後にダーバンを出航し、2月21日にリチャーズ・ベイ港へ到着しました。
[ロシア海軍北方艦隊のフリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」は南アフリカ共和国のリチャーズ・ベイへ到着した]

「アドミラル・ゴルシコフ」は、2023年2月25日に南アフリカ東部沖(インド洋)で始まった南アフリカ海軍及び中国海軍との合同演習『モシ-2』へ参加しました。
[ロシア海軍、南アフリカ海軍、中国海軍の合同射撃演習は2023年2月25日~27日にインド洋南西部で実施される]
[ロシア海軍、南アフリカ海軍、中国海軍の合同演習『モシ-2』はインド洋南西部で始まった]
[ロシア海軍北方艦隊のフリゲート「アドミラル・ゴルシコフ」はロシア-中国-南アフリカ3ヶ国海軍演習『モシ-2』で対テロ訓練を実施した]
合同演習『モシ-2』は2月27日に終了しました。

南アフリカ海軍からはフリゲート1隻が参加しました。

・フリゲート「メンディ」(2007年3月20日就役)
23-0223a.jpg

中国海軍からは駆逐艦1隻、フリゲート1隻、補給艦1隻が参加しました。

・駆逐艦「淮南」(2021年1月23日就役)
23-0223c.jpg

・フリゲート「日照」(2018年1月12日就役)
23-0223b.jpg

・総合補給艦「可可西里湖」(2019年7月29日就役)

23-0223d.jpeg

中国海軍の参加艦は2022年9月21日に青島から出航し、アデン湾(ソマリア沖)で海賊対処任務に従事していました。
『中華人民共和国国防部』公式サイトより
2022年2月20日22時28分配信
【海軍第42護衛部隊は中国・ロシア・南アフリカ三国海上演習へ参加する】

この他、艦は派遣していませんが、ブラジル海軍もオブザーバーとして参加しました。
関連記事
スポンサーサイト