fc2ブログ

ロシア海軍太平洋艦隊のコルベット「グロームキー」と「ソヴェルシェーンヌイ」は南シナ海で対潜演習を実施した

22-0314bb.jpg
22-0314aa.jpg
『インテルファクス極東ニュース』より
2023年6月21日4時3分配信
【太平洋艦隊の2隻のコルベットは南シナ海で対潜演習を実施した】
ウラジオストク、6月21日、インテルファクス-極東

アジア-太平洋地域で遠距離航海任務を遂行している太平洋艦隊コルベット「グロームキー」「ソヴェルシェーンヌイ」の乗組員は、南シナ海で対潜演習を実施した。
水曜日に太平洋艦隊広報サービスは発表した。

「地域のパートナーとの関係強化の枠組みでインドネシアのスラバヤ港への業務寄港の後、太平洋艦隊艦船支隊の乗組員は、遠距離航海任務に沿って戦闘訓練活動の次の段階へ着手しました」
声明では、こう述べられた。

支隊は、コルベット「グロームキー」、「ソヴェルシェーンヌイ」、中型海洋給油船「ペチェンガ」で構成される。

南シナ海の南部でコルベットの要員は、仮想敵潜水艦を捜索、探知する対潜演習を実施した。
演習には、太平洋艦隊海上航空隊艦上ヘリコプターKa-27PLが関わった。

更に船員は、無防備の泊地へ停泊中の対破壊工作防衛の艦上訓練を実施した。



ロシア太平洋艦隊コルベット「ソヴェルシェーンヌイ」(333、2017年7月20日就役)と「グロームキー」(335、2018年12月25日就役)は、2023年5月10日にピョートル大帝湾艦載ヘリコプターKa-27の着艦訓練を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊のコルベット「ソヴェルシェーンヌイ」と「グロームキー」はピョートル大帝湾でヘリコプターの着艦訓練を実施した]

その後、中型海洋給油船「ペチェンガ」と共に日本海を南下し、5月12日に対馬海峡を通過して東シナ海へ入り、5月14日には与那国島西表島の間の海域を通過しました。
23-0517h.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊のコルベット「ソヴェルシェーンヌイ」と「グロームキー」はアジア・太平洋地域への遠距離航海へ出発した]

その後、南シナ海へ移動し、5月16日には戦闘演習を行ないました。
23-0517i.jpg
[ロシア海軍太平洋艦隊のコルベット「ソヴェルシェーンヌイ」と「グロームキー」は南シナ海で戦闘演習を実施した]

「グロームキー」は5月下旬にシンガポール海峡を通過し、5月24日にマラッカ海峡へ入りました。
[ロシア海軍太平洋艦隊のコルベット「グロームキー」はマラッカ海峡へ入った]

「グロームキー」インド洋新造砕氷船「エヴパチー・コロヴラト」と合流し、同船をエスコートしてマラッカ海峡シンガポール海峡を通過しました。
[ロシア海軍太平洋艦隊のコルベット「グロームキー」はマラッカ海峡とシンガポール海峡を通過する新造砕氷船エヴパチー・コロヴラトをエスコートした]

その後、「ソヴェルシェーンヌイ」及び「ペチェンガ」と合流してジャワ海へ入り、6月2日には消火(ダメージコントロール)訓練を行ないました。
[ロシア海軍太平洋艦隊のコルベット「ソヴェルシェーンヌイ」と「グロームキー」はジャワ海で消火訓練を実施した]
23-0612b.jpg
6月5日、国際海軍演習『コモド-2023』へ参加する為、インドネシアマカッサル港へ到着しました。


[ロシア海軍太平洋艦隊のコルベットはインドネシアの国際海軍演習『コモド-2023』へ参加する]

6月5日~8日にインドネシア沖で実施された国際演習『コモド-2023』には、主催国インドネシアを始め、ロシア、中国、アメリカ、イギリス、日本、韓国など36ヶ国が参加しました。
 
[ロシア海軍太平洋艦隊が参加したインドネシアの国際海軍演習『コモド-2023』は終了した]

演習終了後、6月11日にインドネシアスラバヤ港へ到着し、翌6月12日にロシア連邦の祝日『ロシアの日』(ソヴィエト連邦時代の1990年6月12日、ロシア・ソヴィエト連邦社会主義共和国の国家主権の宣言が採択された事を記念する日)を祝いました。
[ロシア海軍太平洋艦隊のコルベットはインドネシアのスラバヤ港で『ロシアの日』を祝った]


その後にスラバヤ港を出航し、6月21日には南シナ海で対潜演習を行ないました。
関連記事
スポンサーサイト