ミストラル級はロシア海軍地中海作戦部隊に加わるかもしれない

13-0512b.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2013年5月12日9時02分配信
【「ミストラル」は地中海戦隊の構成に含まれるかもしれない】
モスクワ、5月12日-ロシア通信社ノーボスチ、セルゲイ・サフロノフ

(ロシア)海軍総司令部は、汎用ヘリコプター艦「ミストラル」型を将来的には地中海部隊の司令艦に含める事を計画している。
ロシア連邦海軍総司令官ヴィクトル・チルコフ大将は、ロシア通信社ノーボスチのインタビューに対し、こう述べた。

以前、セルゲイ・ショイグ国防相は、地中海におけるロシアの利益を保護する為、常設海軍作戦部隊の独立管理部の創設が必要であると表明した。

「ええ、それは可能ですよ。
では何故、それをやらないのかですって?
長い目で見れば、最初の艦がロシア海軍の編制へ加入するのは、2015年より前にはなりませんからね」

このような艦を部隊の為に使用する可能性についての質問に対し、総司令官はこう答えた。

彼は、このクラスの艦は、長期に渡る海洋グループ管理の為の広範囲に及ぶ機会を有していると説明した。
「ついでに申しあげますと、多くの国は、このような目的の為、同様の艦を使用しておりますね」
彼は話した。


2013年1月下旬、ロシア海軍3艦隊(黒海艦隊、バルト艦隊、北方艦隊)合同演習黒海及び地中海東部で実施されました。
[ロシア海軍3艦隊合同演習(2013年1月下旬)]

その後、2013年2月に地中海作戦部隊創設の話が出てきました。
[ロシア海軍地中海作戦部隊創設]

「ミストラル」級地中海作戦部隊の旗艦にする可能性については、以前にも報じられています。
[ロシア海軍のミストラル級は地中海作戦部隊の旗艦になるかもしれない]

地中海作戦部隊司令部は今年夏に創設されます。
[ロシア海軍地中海作戦部隊司令部は2013年夏に創設される]

今年や来年には実現出来ませんが、その先には「ミストラル」級地中海作戦部隊の旗艦として使用される可能性をロシア海軍総司令官チルコフ提督は否定していません。


建造中のロシア海軍向け「ミストラル」級1番艦「ウラジオストク」(2013年4月中旬)

フランスのサンナゼール造船所
13-0512d.jpg

サンクト-ペテルブルクのバルト工場
13-0512e.jpg
スポンサーサイト

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。