FC2ブログ

ロシア海軍北方艦隊はバレンツ海で対潜演習を行なう

15-0317e.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2015年3月17日10時51分配信
【北方艦隊の3つの艦船グループがバレンツ海へ出た】
セヴェロモルスク、3月17日-ロシア通信社ノーボスチ

2日目、ロシアでは、ロシア連邦軍の北方各部隊の大規模な点検が続行されている:朝、バレンツ海へ3つの艦船グループが飛行士と共に出航し、仮想敵潜水艦の探索に取り組む。

ロシア連邦国防省の代理人が記者団へ伝えたように、その構成に大型対潜艦「アドミラル・レフチェンコ」、小型対潜艦「ブレスト」「ユンガ」が含まれる探索打撃艦グループは、北方艦隊対潜航空隊と共にバレンツ海の指定海域で原子力潜水艦の探索を始めた。

「艦の乗組員は、潜水艦探索の水中音響設備を使用する戦術機動演習を実施します。
反応爆雷装置RBU-6000の射撃を含む対潜兵器及び艦の自己防衛設備の模擬および実地使用への取り組みが行なわれます」

軍当局の代理人は述べた。

グループの行動を統制する旗艦指揮所は「アドミラル・レフチェンコ」艦上に位置している。

近海ゾーンでの「敵」潜水艦探索への取り組みは、後で海洋へ出てくる北方艦隊原子力潜水艦の安全の確保の為でもある。

加えて、この場所では更に機雷掃海艦グループの作業が継続され、捜索救助部隊を支援する。


2015年3月16日、ロシア大統領ウラジーミル・プーチンは、北方艦隊を主体とした抜き打ち演習の実施を命じました。
[ロシア海軍北方艦隊(と西方軍管区と空挺軍)の抜き打ち演習が始まる]

翌3月17日、北方艦隊の演習参加部隊が出航しました。

今回の記事によると、演習参加部隊は3グループに分かれているとの事です。

その内の1つは対潜艦を中核とする探索打撃艦グループです。

大型対潜艦「アドミラル・レフチェンコ」
15-0317b.jpg

小型対潜艦「ブレスト」
15-0317c.jpg

小型対潜艦「ユンガ」

15-0317d.jpg

2つ目は掃海艦を中核とする機雷掃海艦グループ、3つ目は捜索救助部隊のようです。

ロシア海軍北方艦隊(と西方軍管区と空挺軍)の抜き打ち演習が始まる

15-0316f.jpg
15-0316g.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア連邦国防省広報サービス・情報管理部発表
2015年3月16日9時31分配信
【ウラジーミル・プーチンの決定により、北方艦隊、西方軍管区の連合部隊、空挺軍の戦闘即応体制の抜き打ち査察が実施される】

ロシア大統領にしてロシア連邦軍最高司令官ウラジーミル・プーチンは、モスクワ時間3月16日8時00分、抜き打ち査察の枠組において北方艦隊、西方軍管区の各連合部隊、空挺軍の完全な戦闘即応状態の発動の指示を与えた。

この指示書は、ロシア連邦国立防衛管理センターにおいて国防相セルゲイ・ショイグ上級大将が開封した。

軍当局のトップは、38000名の軍人、3360両の軍用車両、41隻の戦闘艦、15隻の潜水艦、110機の航空機及びヘリコプターがこの査察を受けると説明した。

同時に軍の総司令官、軍種司令官、参謀総長、国防省中央管理部は訓令指示を受けた。


2010年のロシア連邦軍の改編後から昨年(2014年)末まで北方艦隊西方軍管区の指揮下に在りましたが、2014年12月1日、北方艦隊西方軍管区の指揮下を離れ、新たな北方統合戦略司令部として独立しました。
[ロシア連邦軍北極圏統合戦略司令部が設立された]
[ロシア海軍北方艦隊(北方統合戦略司令部)の2015年の最優先事項は北極圏での活動となる]

「抜き打ち演習」ロシア連邦軍の毎年の恒例行事と化していますが、今回の演習は、北方艦隊の指揮系統改編後初めてとなります。