ロシア海軍の為のプロジェクト22800カラクルト級小型ロケット艦の1番艦ウラガーンは2017年夏に進水する

17-0603a.jpg
『イズベスチヤ』より
2017年6月2日0時1分配信
【「カリブル」を有するロケット艦「カラクルト」は今夏の末に進水する】

新たな小型ロケット艦は1000km以上離れた目標を攻撃できる。

「ウラガーン」と命名された最初のプロジェクト22800「カラクルト」小型ロケット艦は、今夏の末までに進水する。
このシリーズの艦は、有翼ミサイル「カリブル」、自動砲、ユニークな高射ミサイル複合体、更には、最先端の電波電子戦闘システムを武装として得る。

そのお蔭で「カラクルト」の戦闘能力は、シリアへの航海において、その素晴らしさを見せたプロジェクト21631「ブヤン-M」型艦を上回る。
その寸法と排水量は、より小さくなり、更には、沿岸のみならず遠海ゾーンでも行動できる。
専門家の見方では、最新の小型ロケット艦により、ロシア海軍は最小限の資金コストで強力な打撃郡の作成が可能となる。

海軍総司令部『イズベスチヤ』へ話したように、艦の進水は6月末~7月初頭に予定されている。
しかし、その時期が8月末に延期される可能性も排除できない。
「ウラガーン」海軍への引き渡し自体は、今年12月末に計画されている。

「カラクルト」は、サンクトペテルブルク中央海洋設計局『アルマーズ』で設計された。
それは、500トンの砲艇プロジェクト12300「スコルピオン」の後継である。
それとは異なり、「カラクルト」は800トンの排水量を有する。
その代わり、最も現代的な打撃手段、砲、高射ミサイル複合体から成る兵器庫としての目的を担っている。
艦には、8基の汎用発射装置3S14が配置されている。
それは、距離2500㎞までの目標を攻撃する有翼ミサイル「カリブル」の為に意図されている。
同様に、超音速対艦有翼ミサイル「オーニクス」も配置できる。

艦首には、ステルス技術自動砲AK-176が有る。
これは、サンクトペテルブルク機械製造工場『アルセナル』の最新の開発成果である。
兵器の照準はデジタル制御システムにより実行される。
砲塔の下の砲弾庫には、152発の76mm弾から成る弾薬が配置されている。
自動砲と弾薬供給手段は、毎分125回のペースでの射撃を可能にする。
砲身冷却システムのお蔭で、75回までの長期連続射撃が可能である。
水上目標及び沿岸目標への射撃の場合、効果的な射撃距離は16kmである。

艦の上部構造物後部には、世界には同類の無い高射ミサイル複合体「パーンツィリ-M」が設置されている。
このシステムには、陸上複合体「パーンツィリ-S1」からのミサイル、更には、無人機の助力を得て誘導する事も可能な将来ミサイル「ゲルメス(ヘルメス)-K」が装備される。
戦闘モジュールは、同時に4基の目標へ4発のミサイルを発射できる。
モジュールの弾薬は32基のミサイルから成り、艦の甲板下に収納される。

「カラクルトは、駆逐艦や巡洋艦よりも遥かに安価ですが、わずかな打撃の機会で失われてしまいます」
軍事歴史家ドミトリー・ボルテンコフは指摘した。
「新たな小型ロケット艦の建造には、およそ1年掛かり、大型艦のように数年も掛かりません。
従いまして、ロシア海軍は数年間で、川と沿岸のみならず、遠海ゾーンでの勤務でも効果的に活動できる強力なロケット艦グループを得るでしょう」


「カラクルト」の全長は65メートル、幅10メートル。
移動は2基のディーゼル・エレクトリックエンジンにより導かれる。
その助力により、艦は30ノットの速力を発揮する。
それは時速60km以上である。
「カラクルト」の航続距離は、2500海里、あるいは4630kmである。
自立航行期間は15日である。
現在、3ヶ所の工場では、このクラスの艦7隻が様々な準備段階に在る。
海軍は合計で少なくとも20隻の「カラクルト」の受領を見込んでいる。



[新世代小型ロケット艦カラクルト級]


プロジェクト22800「カラクルト」は、ロシア海軍の現用のプロジェクト12341「オヴォード」小型ロケット艦(ナヌチュカ級)及びプロジェクト12411「モルニヤ」ロケット艇(タランタル級)の代替となる新世代の小型ロケット艦であり、ソ連邦時代から高速戦闘艦艇を手掛けてきた「アルマーズ」設計局により設計されました。

プロジェクト12341小型ロケット艦(「ミラーシュ」)
16-0510a.jpg

プロジェクト12411ロケット艇(R-239)
16-0510c.jpg

元々は「オヴォード」「モルニヤ」の後継としてプロジェクト12300「スコルピオン」ロケット艇(満載排水量465トン)が建造される筈だったのですが、2001年6月5日に起工された1番艇は工事中止となりました。
[ロシア新型ミサイル艇プロジェクト12300「スコルピオン」]

その後、「アルマーズ」設計局「スコルピオン」の拡大発展型(満載排水量800トン)を設計し、それに小改正を加えたのがプロジェクト22800「カラクルト」小型ロケット艦として建造される事になりました。
P12300b.jpg

プロジェクト22800の主要兵装は打撃有翼ミサイル複合体「カリブル」です。
[巡航ミサイル「カリブル」対地攻撃型は2500kmの最大射程を有する]

この他、AK-176MA 76mm砲高射ミサイル-砲複合体「パーンツィリ-M」を装備します。
[ロシア海軍の為の新たな76mm砲AK-176MAの試験は完了した]
[ロシア海軍の新型高射複合体パーンツィリ-Mは2017年末までに制式採用される]


「カラクルト」の最初の2隻:「タイフーン」「ウラガーン」は、2015年12月24日にサンクトペテルブルク近郊の『ペラ』造船所で起工されました。
16-0805b.jpg
[ロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦ウラガーンとタイフーンはサンクトペテルブルクで起工された]

2016年5月10日、クリミア半島フェオドシヤ造船工場「シトルム」が起工されました。
16-0805c.jpg
[ロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦シトルムはクリミアで起工された]

2016年7月29日、『ペラ』造船所「シクヴァル」が起工されました。
[ロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦シクヴァルは起工された]

2016年12月24日、『ペラ』造船所「ブーリャ」が起工されました。
[ロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦ブーリャはサンクトペテルブルクで起工された]

2017年3月17日、フェオドシヤ造船工場「オホーツク」が起工されました。
[クリミアのフェオドシヤ造船所でロシア海軍の新世代小型ロケット艦オホーツクが起工された]


プロジェクト22800は、『ペラ』造船所並びにフェオドシヤ造船工場の他に、今後はタタールスタンゼレノドリスク造船所でも建造されます。
[タタールスタンのゼレノドリスク造船所はロシア海軍の為に小型ロケット艦カラクルト級を5隻建造する]

プロジェクト22800は2022年までに18隻の建造が計画されています。
[ロシア海軍の新世代小型ロケット艦プロジェクト22800は2022年までに18隻建造される]


「カラクルト」級の1番艦「ウラガーン」は、2017年6月末~7月初頭には進水する予定ですが、8月末にずれ込む可能性も有るようです。

「ウラガーン」は2017年12月末にロシア海軍へ引き渡される予定となっておりますが、進水が8月末に延びれば、引き渡しも2018年にずれ込む事になるでしょう。

「ウラガーン」ロシア海軍へ就役後、バルト艦隊へ配備されます。

クリミアのフェオドシヤ造船所でロシア海軍の新世代小型ロケット艦オホーツクが起工された


『インタファクス-軍事ニュース出張所(AVN)』より
2017年3月17日14時24分配信
【クリミア造船所は有翼ミサイル「カリブル」を搭載するロケット艦を起工した】
フェオドシヤ(クリミア)、3月17日、インタファクス-AVN

3隻のプロジェクト22800「カラクルト」小型ロケット艦が2018年から2020年にフェオドシヤ造船工場『海洋』で建造される。
金曜日、ロシア国防相代理(国防次官)ユーリー・ボリソフは発表した。

「3隻の艦が工場『海洋』で建造されます。
建造の技術的サイクルは、およそ32ヶ月になります。
私共は、2018年、2019年、2020年の建造完了を見込んでおります。
3番艦の起工は、たぶん今年末です」

次官は2番艦「オホーツク」の起工式典において話した。

現在、工場では、2016年5月に起工された小型ロケット艦「シトルム」が建造されている。

「兵装は、とても重要です。
その兵装・ミサイル複合体"カリブル"は、非常に必要性が高く、高精度で恐るべき兵器であり、シリア紛争に置いて、その有効性が示されました」
ユーリー・ボリソフ
は話した。

中央海洋計画設計局『アルマーズ』により設計されたプロジェクト22800「カラクルト」小型ロケット艦は約800トンの排水量を有し、速力は30ノット以上である。
艦は、高精度ミサイル兵器複合体と現代的な砲複合体を装備する。



[新世代小型ロケット艦カラクルト級]


プロジェクト22800「カラクルト」は、ロシア海軍の現用のプロジェクト12341「オヴォード」小型ロケット艦(ナヌチュカ級)及びプロジェクト12411「モルニヤ」ロケット艇(タランタル級)の代替となる新世代の小型ロケット艦です。

プロジェクト22800の主要兵装は打撃有翼ミサイル複合体「カリブル」です。
[巡航ミサイル「カリブル」対地攻撃型は2500kmの最大射程を有する]

この他、AK-176MA 76mm砲高射ミサイル-砲複合体「パーンツィリ-M」を装備します。
[ロシア海軍の為の新たな76mm砲AK-176MAの試験は完了した]
[ロシア海軍の新型高射複合体パーンツィリ-Mは2017年末までに制式採用される]


「カラクルト」の最初の2隻:「タイフーン」「ウラガーン」は、2015年12月24日にサンクトペテルブルク近郊の『ペラ』造船所で起工されました。
16-0805b.jpg
[ロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦ウラガーンとタイフーンはサンクトペテルブルクで起工された]

2016年5月10日には、クリミア半島フェオドシヤ造船工場「シトルム」が起工されました。
16-0805c.jpg
[ロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦シトルムはクリミアで起工された]

7月29日には、『ペラ』造船所「シクヴァル」が起工されました。
[ロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦シクヴァルは起工された]

2016年12月24日、『ペラ』造船所「ブーリャ」が起工されました。
[ロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦ブーリャはサンクトペテルブルクで起工された]

そして2017年3月17日、フェオドシヤ造船工場にとって2隻目となる「オホーツク」が起工されました。
17-0318b.jpg
17-0318a.jpg

これまでプロジェクト22800には気象名が付けられていましたが、今回はオホーツク海沿岸の町の名が付けられました。
17-0318c.jpg


プロジェクト22800は、『ペラ』造船所並びにフェオドシヤ造船工場の他に、今後はタタールスタンゼレノドリスク造船所でも建造されます。
[タタールスタンのゼレノドリスク造船所はロシア海軍の為に小型ロケット艦カラクルト級を5隻建造する]

プロジェクト22800は2022年までに18隻の建造が計画されています。
[ロシア海軍の新世代小型ロケット艦プロジェクト22800は2022年までに18隻建造される]

ロシア海軍の新世代小型ロケット艦プロジェクト22800は2022年までに18隻建造される

16-1224h.jpg
16-1225a.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2016年12月24日14時35分配信
【『ペラ』社は2022年までに18隻の小型ロケット艦を建造する】
サンクトペテルブルク、12月24日-ロシア通信社ノーボスチ

サンクトペテルブルク企業『ペラ』は、ロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦を2022年までに18隻建造する。
土曜日、海軍総参謀長アンドレイ・ヴォロジンスキー中将は報道陣へ伝えた。

土曜日、彼は『ペラ』社でのプロジェクト22800小型ロケット艦「ブーリャ」の起工式典へ出席した。

「2022年までに『ペラ』では18隻のプロジェクト22800小型ロケット艦の建造が計画されております」
ヴォロジンスキー
は話した。

『ペラ』社では、既に3隻の新世代小型ロケット艦プロジェクト22800「ウーラガン」、「タイフーン」、「シクヴァル」が様々な建造段階に在る。
中央海洋計画設計局『アルマーズ』により設計された小型ロケット艦プロジェクト22800の排水量は約800トン、速力は30ノット以上である。
小型ロケット艦高精度ミサイル兵器と現代的な砲複合体を装備する。
艦は、基地から約3000海里離れた海洋ゾーンで任務を遂行できる。



[新世代小型ロケット艦カラクルト級]


プロジェクト22800「カラクルト」は、ロシア海軍の現用のプロジェクト12341「オヴォード」小型ロケット艦(ナヌチュカ級)及びプロジェクト12411「モルニヤ」ロケット艇(タランタル級)の代替となる新世代の小型ロケット艦であり、現在までに5隻が起工されています。

「カラクルト」の最初の2隻:「タイフーン」「ウラガーン」は、2015年12月24日にサンクトペテルブルク近郊の『ペラ』造船所で起工されました。
16-0805b.jpg
[ロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦ウラガーンとタイフーンはサンクトペテルブルクで起工された]

2016年5月10日には、クリミア半島フェオドシヤ造船工場「シトルム」が起工されました。
16-0805c.jpg
[ロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦シトルムはクリミアで起工された]

7月29日には、『ペラ』造船所「シクヴァル」が起工されました。
[ロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦シクヴァルは起工された]

2016年末の12月24日には、『ペラ』造船所「ブーリャ」が起工されました。
[ロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦ブーリャはサンクトペテルブルクで起工された]


その「ブーリャ」起工式典において、ロシア海軍総参謀長アンドレイ・ヴォロジンスキー中将は、『ペラ』造船所で2022年までに18隻のプロジェクト22800の建造が計画されていると述べました。
おそらく、この18隻には、クリミア半島フェオドシヤ造船工場と協同で建造する分も含まれるでしょう。


プロジェクト22800は、『ペラ』造船所並びにフェオドシヤ造船工場の他に、今後はタタールスタンゼレノドリスク造船所でも5隻が建造されますが、これも『ペラ』造船所との協同建造になるのでしょうか。
[タタールスタンのゼレノドリスク造船所はロシア海軍の為に小型ロケット艦カラクルト級を5隻建造する]

ロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦ブーリャはサンクトペテルブルクで起工された


『ロシア通信社ノーボスチ』より
2016年12月24日13時56分配信
【海軍の為の小型ロケット艦「ブーリャ」の起工式典はサンクトペテルブルクで行なわれた】
サンクトペテルブルク、12月24日-ロシア通信社ノーボスチ

ロシア海軍の為の新世代のプロジェクト22800小型ロケット艦「ブーリャ」の起工式典は土曜日にサンクトペテルブルク企業『ペラ』で行なわれた。
『ロシア通信社ノーボスチ』特派員は現地より報告した。

海軍総参謀長アンドレイ・ヴォロジンスキー中将は、このクラスの艦は、以前の海軍総司令官セルゲイ・ゴルシコフ提督が「海軍の恐るべき兵器」として小型ロケット艦を承認する決定により出現したと起工式典で話した。
ヴォロジンスキーは、このクラスの艦は全ての艦隊へ行き、その名前は、全て悪天候に関係している事を指摘した。

「艦は、立派に自身の就役期間を全うし、完全に任務を果たした伝統的な名前で呼ばれます。
ブーリャと名付けられていた小型ロケット艦プロジェクト1234のトップ艦のように」
ヴォロジンスキー
はこう話し、新たなロケット艦「成功裏に建造され、適時に現行の海軍へ加入し、海上を航行し続ける」事を望んだ。

ロシア海軍造船管理副部長ミハイル・クラスノペーエフは、祝辞において、『ペラ』社の建造テンポは、新たな艦を短期間で進水させる事が可能であるとの期待を表明した。

『ペラ』社では、既に3隻の新世代小型ロケット艦プロジェクト22800「ウーラガン」、「タイフーン」、「シクヴァル」が様々な建造段階に在る。
中央海洋計画設計局『アルマーズ』により設計された小型ロケット艦プロジェクト22800の排水量は約800トン、速力は30ノット以上である。
小型ロケット艦高精度ミサイル兵器と現代的な砲複合体を装備する。
艦は、基地から約3000海里離れた海洋ゾーンで任務を遂行できる。



[新世代小型ロケット艦カラクルト級]


プロジェクト22800「カラクルト」は、ロシア海軍の現用のプロジェクト12341「オヴォード」小型ロケット艦(ナヌチュカ級)及びプロジェクト12411「モルニヤ」ロケット艇(タランタル級)の代替となる新世代の小型ロケット艦であり、現在までに4隻が起工されています。

「カラクルト」の最初の2隻:「タイフーン」「ウラガーン」は、2015年12月24日にサンクトペテルブルク近郊の『ペラ』造船所で起工されました。
16-0805b.jpg
[ロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦ウラガーンとタイフーンはサンクトペテルブルクで起工された]

2016年5月10日には、クリミア半島フェオドシヤ造船工場「シトルム」が起工されました。
16-0805c.jpg
[ロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦シトルムはクリミアで起工された]

7月29日には、『ペラ』造船所「シクヴァル」が起工されました。
[ロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦シクヴァルは起工された]


そして2016年12月24日、『ペラ』造船所「ブーリャ」が起工されました。
16-1224g.jpg
16-1224f.jpg

記事中でも触れられていますが、「ブーリャ」は、ソ連邦時代のプロジェクト1234小型ロケット艦の記念すべき1番艦の名前です。
16-1224i.jpg
「ブーリャ」レニングラード沿海造船工場で1967年6月24日に起工され、1968年10月18日に進水、1969年には内陸水路経由でレニングラードからセヴァストーポリへ回航され、航行試験を行なった後、1970年9月30日にソ連海軍へ納入され、1970年11月24日に黒海艦隊へ編入されました。

就役後は黒海艦隊第41ロケット艇旅団第166ノヴォロシースク赤旗小型ロケット艦大隊へ所属して活動し、1991年2月11日に除籍、その後、セヴァストーポリで解体されました。


プロジェクト22800は、『ペラ』造船所並びにフェオドシヤ造船工場の他に、今後はタタールスタンゼレノドリスク造船所でも建造されます。
[タタールスタンのゼレノドリスク造船所はロシア海軍の為に小型ロケット艦カラクルト級を5隻建造する]

タタールスタンのゼレノドリスク造船所はロシア海軍の為に小型ロケット艦カラクルト級を5隻建造する

16-0805d.jpg
『タス通信』より
2016年8月3日13時23分配信
【ロシア連邦海軍は2022年までに5隻のロケット艦「カラクルト」を受領する
カザン、8月3日/タス通信特派員ダミール・ハイルリン

ゴーリキー記念ゼレノドリスク工場ロシア海軍の為にプロジェクト22800「カラクルト」小型ロケット艦5隻を建造し、軍は2018年~2021年にこれらを受領する。
水曜日、タス通信は同社の副総取締役アレクサンドル・カルポフより伝えられた。

「当工場は、5隻のプロジェクト22800カラクルト小型ロケット艦の発注を受けました。
最初の船は2018年に御客様へ御引渡しする計画であり、最後(の艦)は2021年になります」
カルポフ
は話した。

以前には、ケルチ工場『ザリフ』小型ロケット艦の発注を得る為に活動していると報じられた。

合計で18隻の「カラクルト」型が建造される事になるだろう。
既に同プロジェクト艦3隻が『ペラ』工場で、更に1隻はフェオドシヤ造船会社『海洋』で起工されている。
『ペラ』は、クリミア造船所と合同で建造する3隻を含め、総計7隻の艦を建造する。

プロジェクト22800「カラクルト」小型ロケット艦は、打撃ミサイル複合体「カリブル-NK」、口径76mm或いは100mmの艦砲、更には高射ミサイル砲複合体の装備が計画されている。
艦の排水量は約800トンであり、これらは30ノット以上の速力を発揮できる。

ゴーリキー記念ゼレノドリスク工場は、現在、複合体「カリブル」で武装するプロジェクト21631「ブヤン-M」小型ロケット艦シリーズを建造している。
3隻は既にカスピ小艦隊へ在籍し、もう2隻は黒海(艦隊)に駐留している。
ロシア海軍へ9隻の同プロジェクトの引き渡しが計画されている。


[新世代小型ロケット艦カラクルト級]


プロジェクト22800「カラクルト」は、ロシア海軍の現用のプロジェクト12341「オヴォード」小型ロケット艦(ナヌチュカ級)及びプロジェクト12411「モルニヤ」ロケット艇(タランタル級)の代替となる新世代の小型ロケット艦であり、現在までに4隻が起工されています。

「カラクルト」の最初の2隻:「タイフーン」「ウラガーン」は、2015年12月24日にサンクトペテルブルク近郊の『ペラ』造船所で起工されました。
16-0805b.jpg
[ロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦ウラガーンとタイフーンはサンクトペテルブルクで起工された]

2016年5月10日には、クリミア半島フェオドシヤ造船工場「シトルム」が起工されました。
16-0805c.jpg
[ロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦シトルムはクリミアで起工された]

7月29日には、『ペラ』造船所「シクヴァル」が起工されました。
[ロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦シクヴァルは起工された]

「カラクルト」級は合計18隻の建造が予定されており、『ペラ』造船所及びフェオドシヤ造船工場では計7隻を建造します。
(この内の3隻は『ペラ』造船所フェオドシヤ造船工場による共同建造)

そして今回の記事の通り、ロシア内陸部タタールスタン共和国『ゴーリキー記念ゼレノドリスク工場』は、5隻の「カラクルト」級の建造を受注しました。
16-0805a.jpg
1隻目は2018年に、5隻目は2021年末にロシア海軍へ引き渡される予定となっております。


『ゴーリキー記念ゼレノドリスク工場』では、似たような武装の似たような艦であるプロジェクト21631「ブヤン-M」小型ロケット艦が建造されており、既に5隻がロシア海軍へ引き渡され、4隻が造船所で建造中です。
[ロシア海軍は2019年までに巡航ミサイル"カリブル"を装備する9隻の小型ロケット艦ブヤン-Mを受領する]

建造中の6番艦「ヴィシニィ・ヴォロチェク」
buyan-6.jpg

建造中の7番艦「オレホヴォ・ズエヴォ」
buyan-7.jpg

「ブヤン-M」の建造は9隻で終了しますが、その後の『ゴーリキー記念ゼレノドリスク工場』の仕事として、同様の武装(有翼ミサイル「カリブル」)を有する小型ロケット艦5隻を建造する事になりました。


これで18隻建造予定の「カラクルト」級の内、12隻の建造が決まりましたが、あとの6隻を何処で建造するのかは、現時点では明らかにされていません。
極東方面の造船所で建造される可能性も有るでしょう。

現在、太平洋艦隊へ配備されているプロジェクト12341小型ロケット艦ウラジオストク東方造船所で、プロジェクト12411ロケット艇ハバロフスク造船所で建造されました。

ロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦シクヴァルは起工された

16-0729d.jpg
16-0729e.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2016年7月29日14時34分配信
【レニングラード州で(ロシア)海軍の為の小型ロケット艦「シクヴァル」が起工された】
サンクトペテルブルク、7月29日-ロシア通信社ノーボスチ

ロシア連邦海軍の為の新世代小型ロケット艦「シクヴァル」レニングラード州造船工場『ペラ』で起工された。

「これは純粋に我々ロシアの発明です。
このような排水量の艦で、このような兵装を有するのは、実質的に世界の何処にも有りません。
これは、貴方達が御存じのよう、にシリアでの作戦で、その素晴らしさを実証したミサイル複合体カリブルを8基有しております。
間もなく、これは新たな高射ミサイル複合体を軍備として採用し、我々はパーンツィリを適応させます」
ロシア連邦国防次官ユーリー・ボリソフ
は起工式典において話した。

彼によると「このような兵装は、非常に脅威的な武器であり、単一の敵を長距離から接近させません」

2015年12月、『ペラ』社において、2隻の新世代小型ロケット艦プロジェクト22800「タイフーン」「ウラガーン」が起工された。
これらは、建造及び試験を完了後、2018年までに海軍へ加入する。
海洋計画設計局『アルマーズ』が設計したプロジェクト22800小型ロケット艦の排水量は約800トン、速力は30ノット以上である。
小型ロケット艦は高精度ミサイル兵器及び現代の砲複合体を装備する。
これらの艦の利点の中には、高機動性、高い耐航性、更には、反射低減技術を用いた上部構造物及び船体の方式がある。
艦は、基地から約3000海里離れた海上ゾーンで任務を遂行できる。




プロジェクト22800「カラクルト」は、ロシア海軍の現用のプロジェクト12341「オヴォード」小型ロケット艦(ナヌチュカ級)及びプロジェクト12411「モルニヤ」ロケット艇(タランタル級)の代替となる新世代の小型ロケット艦です。

プロジェクト12341小型ロケット艦(「ミラーシュ」)
16-0510a.jpg

プロジェクト12411ロケット艇(R-239)
16-0510c.jpg


「カラクルト」の最初の2隻:「タイフーン」「ウラガーン」は、2015年12月24日にサンクトペテルブルク「ペラ」造船所で起工されました。
[ロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦ウラガーンとタイフーンはサンクトペテルブルクで起工された]

「カラクルト」級「ペラ」造船所では7隻建造される予定ですが、他の造船所でも11隻が建造されます(つまり総計18隻)。

2016年5月10日には、クリミア半島のフェオドシヤ造船工場「シトルム」が起工されました。
[ロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦シトルムはクリミアで起工された]


そして2016年7月29日、「ペラ」造船所「シクヴァル」が起工されました。


プロジェクト22800「カラクルト」小型ロケット艦の主兵装は汎用有翼ミサイル「カリブル」です。
[巡航ミサイル「カリブル」対地攻撃型は2500kmの最大射程を有する]

この他、76mm単装砲1基、AK-630M 30mm機関砲2基を装備します。
この他、高射ミサイル機関砲複合体「パーンツィリ-M」の装備も可能です。
[ロシア海軍の為に3基の新型高射複合体パーンツィリ-Mが発注される]


「カラクルト」は、先に建造されたプロジェクト21631「ブヤン-M」小型ロケット艦(満載排水量949トン)よりも、やや小さく(満載排水量約800トン)、汎用有翼ミサイル「カリブル」垂直発射機(8セル)を装備している点は同じですが、それ以外は比較的軽兵装です。

プロジェクト21631小型ロケット艦(「ゼリョヌイ・ドル」)
16-0510b.jpg
[新世代小型ロケット艦「ブヤン-M」]
「ブヤン-M」の建造は9隻で終了し、以後は「カラクルト」が建造されます。
[ロシア海軍は2019年までに巡航ミサイル"カリブル"を装備する9隻の小型ロケット艦ブヤン-Mを受領する]


元々は「オヴォード」「モルニヤ」の後継としてプロジェクト12300「スコルピオン」ロケット艇(満載排水量465トン)が建造される筈だったのですが、2001年6月5日に起工された1番艇は工事中止となりました。
[ロシア新型ミサイル艇プロジェクト12300「スコルピオン」]

その後、「アルマーズ」設計局「スコルピオン」の拡大発展型(満載排水量800トン)を設計し、それに小改正を加えたのがプロジェクト22800「カラクルト」小型ロケット艦として建造される事になりました。

プロジェクト12300「スコルピオン」ロケット艇(拡大発展型)
P12300a.jpg
P12300b.jpg

プロジェクト22800「カラクルト」小型ロケット艦
MRK22800.jpg

ロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦シトルムはクリミアで起工された

本日(2016年5月10日)、クリミア半島のフェオドシヤ造船所でロシア連邦海軍の為のプロジェクト22800「カラクルト」小型ロケット艦「シトルム」が起工されました。
[ロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦シトルムは2016年5月10日にクリミアの造船所で起工される]

『タス通信』より
2016年5月10日13時43分配信
【プロジェクト22800小型ロケット艦「シトルム」はフェオドシヤ工場「海洋」で起工された】
フェオドシヤ、5月10日/タス通信

第3のプロジェクト22800小型ロケット艦フェオドシヤ工場『海洋』で起工された。
タス通信特派員は現地から報じた。

これは、クリミアロシアへ編入された後、同工場にとって最初の防衛発注である。

「本日、輝かしい伝統のロシア造船業へ我々は新たな艦シトルムを発注いたしました。
これは、比較的短期間で工場をロシア連邦の防衛産業複合体へ統合する事が出来た事を証明するものであります。
同社は今、この作業を実行する準備が整っております」

起工式典へ出席したロシア連邦産業防衛相デニス・マントゥロフは話した。

更に、式典には、黒海艦隊司令官アレクサンドル・ヴィトコ大将、海軍総司令官代理(軍備担当)ヴィクトール・ブルスク中将、クリミア指導部の代表が出席した。

小型ロケット艦プロジェクト22800(コード名「カラクルト」)中央海洋設計局「アルマーズ」により設計された。
艦の全長は60メートル、幅10メートル、吃水4メートル。
主動力装置はロシアで製造されたディーゼルエレクトリックである。
最大速力30ノット、航続距離2500海里、自立航行期間15日。
兵装は、100mm或いは76mmの汎用自動砲と高射ミサイル-機関砲複合体「パーンツィリ-M」或いは「パルマ」から成る。
艦の上部構造物には、ミサイル「カリブル-NK」の為の高精度打撃ミサイル汎用艦載射撃複合体が設置されている。

以前、2隻のプロジェクト22800小型ロケット艦「ウーラガン」「タイフーン」レニングラード造船工場「ペラ」で起工された。
トップ艦は2017年、2番艦は2018年に海軍への納入が計画されている。
海軍の為に合計18隻の同プロジェクト艦が建造されなければならない。
最初の7隻は「ペラ」で、3隻はフェオドシヤ工場「海洋」と協同で建造される。
また、今年には生産艦の継続の為の公開入札が行なわれなければならない-ケルチ工場「ザリフ」は、この発注を受ける為に奮闘している。

「海洋」フェオドシヤの造船工場である。
主な製品は、水中翼船と様々な用途のエアクッション船である。
1938年から操業し、1980年代半ばには「ズーブル」型エアクッション揚陸艦を建造した。
2016年初頭に同社は連邦所有へ移行した。




プロジェクト22800「カラクルト」は、ロシア海軍の現用のプロジェクト12341「オヴォード」小型ロケット艦(ナヌチュカ級)及びプロジェクト12411「モルニヤ」ロケット艇(タランタル級)の代替となる新世代の小型ロケット艦です。

プロジェクト12341小型ロケット艦(「ミラーシュ」)
16-0510a.jpg

プロジェクト12411ロケット艇(R-239)
16-0510c.jpg


「カラクルト」の最初の2隻は、2015年12月24日にサンクトペテルブルク「ペラ」造船所で起工されました。
[ロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦ウラガーンとタイフーンはサンクトペテルブルクで起工された]

「カラクルト」級「ペラ」造船所では7隻建造される予定ですが、他の造船所でも11隻が建造されます(つまり総計18隻)。

2016年には2隻の「カラクルト」級の起工が予定されています。
[2016年にロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦2隻が起工される]


2016年4月初頭、クリミア半島フェオドシヤ造船工場を視察したロシア連邦副首相ドミトリー・ロゴージンは、同社でも小型ロケット艦を建造すると発言しました。
[クリミア半島のフェオドシヤ造船所はロシア海軍の為の小型ロケット艦を建造する]
16-0403a.jpg


そして2016年5月10日、フェオドシヤ造船工場にとっては最初のプロジェクト22800小型ロケット艦となる「シトルム」が起工されました。

フェオドシヤ造船工場は、「シトルム」を含め3隻の「カラクルト」を建造する事になるようです。

残り8隻を何処で建造するのかは、今年の公開入札で決められるようです。


プロジェクト22800「カラクルト」小型ロケット艦の主兵装は汎用有翼ミサイル「カリブル」です。
[巡航ミサイル「カリブル」対地攻撃型は2500kmの最大射程を有する]

この他、76mm単装砲1基、AK-630M 30mm機関砲2基を装備します。
今回の記事によると、「カリブル」発射機以外の兵装はオプションで変更できるようであり、100mm単装砲高射ミサイル機関砲複合体「パーンツィリ-M」の装備も可能との事です。
[ロシア海軍の為に3基の新型高射複合体パーンツィリ-Mが発注される]

「パルマ」とは、「パラシ」の事です。
[新型CIWS「パラシ」]


「カラクルト」は、先に建造されたプロジェクト21631「ブヤン-M」小型ロケット艦(満載排水量949トン)よりも、やや小さく(満載排水量約800トン)、汎用有翼ミサイル「カリブル」垂直発射機(8セル)を装備している点は同じですが、それ以外は比較的軽兵装です。

プロジェクト21631小型ロケット艦(「ゼリョヌイ・ドル」)
16-0510b.jpg
[新世代小型ロケット艦「ブヤン-M」]
「ブヤン-M」の建造は9隻で終了し、以後は「カラクルト」が建造されます。
[ロシア海軍は2019年までに巡航ミサイル"カリブル"を装備する9隻の小型ロケット艦ブヤン-Mを受領する]


元々は「オヴォード」「モルニヤ」の後継としてプロジェクト12300「スコルピオン」ロケット艇(満載排水量465トン)が建造される筈だったのですが、2001年6月5日に起工された1番艇は工事中止となりました。
[ロシア新型ミサイル艇プロジェクト12300「スコルピオン」]

その後、「アルマーズ」設計局「スコルピオン」の拡大発展型(満載排水量800トン)を設計し、それに小改正を加えたのがプロジェクト22800「カラクルト」小型ロケット艦として建造される事になりました。

プロジェクト12300「スコルピオン」ロケット艇(拡大発展型)
P12300a.jpg
P12300b.jpg

プロジェクト22800「カラクルト」小型ロケット艦
MRK22800.jpg

ロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦シトルムは2016年5月10日にクリミアの造船所で起工される

16-0503a.jpg
『ロシア連邦国防省公式サイト』より
ロシア連邦国防省広報サービス・情報管理部発表
2016年5月3日8時30分配信
【5月10日にフェオドシヤ造船工場「海洋」で新世代小型ロケット艦が起工される】

新世代小型ロケット艦プロジェクト22800は、5月10日にフェオドシヤ造船企業「海洋」で起工される。
海軍総司令官の指示で同艦は「シトルム」と命名された。
起工式典にはロシア海軍総司令部の代表が出席する。

小型ロケット艦プロジェクト22800中央海洋計画設計局「アルマーズ」により設計された。
新世代小型ロケット艦プロジェクト22800は約800トンの排水量を有し、30ノット以上の速力を発揮する。
これは、高精度ミサイル兵装複合体及び現代的な砲複合体を装備する。
同プロジェクト小型ロケット艦の設計及び建造には海軍総司令部の要望が実現され、多くの利点の獲得を可能にした。
それは高い機動性と増加した耐航性を有し、更に、上部構造物及び船体の構造は反射率減少促進(ステルス)技術により作られている。
艦は、基地から約3000海里離れた海洋ゾーンで任務を遂行できる。

以前、「ウーラガン」及び「タイフーン」と命名された2隻の小型ロケット艦プロジェクト22800サンクトペテルブルク造船企業「ペラ」で起工され、建造過程に在る。

近い将来、様々なロシア造船企業において、ロシア海軍の為に10隻以上の同プロジェクト小型ロケット艦の建造が計画されている。




プロジェクト22800「カラクルト」小型ロケット艦の最初の2隻は、2015年12月24日にサンクトペテルブルク「ペラ」造船所で起工されました。
[ロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦ウラガーンとタイフーンはサンクトペテルブルクで起工された]

「カラクルト」級「ペラ」造船所では7隻建造される予定ですが、他の造船所でも11隻が建造されます(つまり総計18隻)。

2016年には2隻の「カラクルト」級の起工が予定されています。
[2016年にロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦2隻が起工される]


2016年4月初頭、クリミア半島フェオドシヤ造船工場を視察したロシア連邦副首相ドミトリー・ロゴージンは、同社でも小型ロケット艦を建造すると発言しました。
[クリミア半島のフェオドシヤ造船所はロシア海軍の為の小型ロケット艦を建造する]
16-0403a.jpg
そして、来たる2016年5月10日、フェオドシヤ造船工場プロジェクト22800小型ロケット艦「シトルム」が起工されることになりました。

プロジェクト22800「カラクルト」小型ロケット艦の主兵装は汎用有翼ミサイル「カリブル」です。
[巡航ミサイル「カリブル」対地攻撃型は2500kmの最大射程を有する]

この他、76mm単装砲1基、AK-630M 30mm機関砲2基を装備します。

「カラクルト」は先に建造されたプロジェクト21631「ブヤン-M」小型ロケット艦(満載排水量949トン)よりも、やや小さく(満載排水量約800トン)、汎用有翼ミサイル「カリブル」垂直発射機(8セル)を装備している点は同じですが、それ以外は比較的軽兵装です。

プロジェクト21631小型ロケット艦(「セルプホフ」)
16-0331a.jpg
[新世代小型ロケット艦「ブヤン-M」]
「ブヤン-M」の建造は9隻で終了し、以後は「カラクルト」が建造されます。
[ロシア海軍は2019年までに巡航ミサイル"カリブル"を装備する9隻の小型ロケット艦ブヤン-Mを受領する]


「カラクルト」は、将来的には、ロシア海軍の現用のプロジェクト12341「オヴォード」小型ロケット艦(ナヌチュカ級)及びプロジェクト12411「モルニヤ」ロケット艇(タランタル級)を代替していく事になります。

プロジェクト12341小型ロケット艦(「モローズ」)
16-0503b.jpg

プロジェクト12411ロケット艇(R-29)
16-0503c.jpg


元々は「オヴォード」「モルニヤ」の後継としてプロジェクト12300「スコルピオン」ロケット艇(満載排水量465トン)が建造される筈だったのですが、2001年6月5日に起工された1番艇は工事中止となりました。
[ロシア新型ミサイル艇プロジェクト12300「スコルピオン」]

その後、「アルマーズ」設計局「スコルピオン」の拡大発展型(満載排水量800トン)を設計し、それに小改正を加えたのがプロジェクト22800「カラクルト」小型ロケット艦として建造される事になりました。

プロジェクト12300「スコルピオン」ロケット艇(拡大発展型)
P12300a.jpg
P12300b.jpg

プロジェクト22800「カラクルト」小型ロケット艦
MRK22800.jpg

クリミア半島のフェオドシヤ造船所はロシア海軍の為の小型ロケット艦を建造する

16-0403f.jpg
16-0403g.jpg
16-0403h.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2016年4月2日13時32分配信
【フェオドシヤ海洋造船所では小型ロケット艦が建造される】
フェオドシヤ、4月2日-ロシア通信社ノーボスチ

フェオドシヤ造船工場「海洋」は、今秋に予定されている第1段階の必要な近代化の後に戦闘艦の建造発注を受ける。
土曜日、ロシア政府副首相ドミトリー・ロゴージンは話した。

フェオドシヤ工場「海洋」は、2014年5月に共和国議院の決定により国有化された。
2015年10月、工場は連邦政府へ移管された。
クリミアセヴァストーポリの再合同の後、同社は長期間に渡り発注が無く操業停止していた。
サンクトペテルブルク企業「ペラ」による造船所への投資の可能性が討議されている。

ロゴージン工場の近代化の第1段階が今秋までに実施される事を約束した。
「全てのガラクタ(註:ウクライナからの古い発注)は提示されており、僕達は、それらを全てバラバラにして船台を掃除します」
ロゴージン
は話した。

副首相は、同社が今年中に船台の能力~艦の進水に関する~を増加させ、その後、造船所は、小型ロケット艦の建造を含め、より重要な発注を受ける事を指摘した
彼によると、未だ工場「とある艇」を出渠させていない。

「海洋」工場は、軍用及び民間用の艦を建造している:水中翼船、エアクッション船、エアキャビテーション船、水上滑走艇、更には、アルミニウム-マグネシウム合金製船体の艇。

「海洋」は、ソヴィエト時代エアクッション揚陸艦「ズーブル」、特殊対潜艦プロジェクト「ソコル」を建造した。
「海洋」工場は更に、民間用水中翼船「ツィクロン」、「コメータ」、「ヴォスホート」、「オリンピヤ」型の最大の製造者である。


16-0403a.jpg
【フェオドシヤ造船工場「海洋」公式サイト】

フェオドシヤ造船工場は1938年10月5日に設立され、当初は魚雷艇を大量建造し、その後、海軍向けの水中翼艦艇や民間の水中翼船の建造が専門となりました。

記事中で触れられているエアクッション揚陸艦プロジェクト12322「ズーブル」は1988年~1991年に3隻が建造され、黒海艦隊へ配備されましたが、ソ連邦解体後にウクライナ海軍へ移管されました。
16-0403e.jpg

水中翼小型対潜艦プロジェクト11451「ソコル」は2隻が建造され、2番艦は今も黒海艦隊に在籍しています。
16-0403b.jpg
16-0403c.jpg

フェオドシヤ造船工場中国海軍向けにも「バイソン」級(ウクライナが建造した「ズーブル」級)を2隻建造しており、最後の艦は2014年3月末に引き渡されました。
16-0403d.jpg


この他、ウクライナ国境警備隊の為の哨戒艇も建造していました。


クリミア半島ロシア連邦に編入された後、当然ながらフェオドシヤ造船工場ロシアの造船所となりましたが、殆ど操業停止状態になりました。

クリミア半島には、フェオドシヤ造船工場の他にも、ケルチ市造船工場「ザリフ」セヴァストーポリ市「セヴァストーポリ海洋工場」が在りますが、こちらは既に操業が再開されています。

造船工場「ザリフ」
[クリミア共和国ケルチ市のザリフ造船所はロシア海軍将来空母の建造へ参加できる]
[クリミア半島のケルチ造船所でロシア海軍の為の新たな給油船2隻が起工された]

セヴァストーポリ海洋工場
[セヴァストーポリ海洋工場はセヴェロドヴィンスク艦船修理工場ズヴェズドーチカの傘下に入る]
[クリミア半島のセヴァストーポリにロシア海軍黒海艦隊の潜水艦修理部局が創設された]


そこで、今度はフェオドシヤ造船工場も再建し、ロシア海軍の為の小型ロケット艦を建造させる事になりました。

この小型ロケット艦は、昨年末から建造が始まったプロジェクト22800「カラクルト」でしょう。
MRK22800.jpg

「カラクルト」の最初の2隻はサンクトペテルブルク「ペラ」造船所で起工されており、同社では7隻建造される予定ですが、この他にも11隻が他の造船所で建造されます(つまり総計18隻)。
[ロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦ウラガーンとタイフーンはサンクトペテルブルクで起工された]
[2016年にロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦2隻が起工される]

「ペラ」以外の造船所の1つとして選ばれたのが、クリミア編入以来開店休業状態だったフェオドシヤ造船工場という事でしょう。

2016年にロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦2隻が起工される

MRK22800.jpg
『ロシア通信社ノーボスチ』より
2016年1月21日13時38分配信
【2隻のプロジェクト22800小型ロケット艦は2016年に起工される】
サンクトペテルブルク、1月21日-ロシア通信社ノーボスチ

2隻のプロジェクト22800小型ロケット艦の起工が2016年に計画されている。
ロシア連邦海軍総司令官代理アレクサンドル・フェドテンコフは記者団へ伝えた。

「2016年には、更に15隻の戦闘艦艇・船舶の起工が計画されています。
この間に、更なる2隻のプロジェクト22800小型ロケット艦、プロジェクト20380コルベット、プロジェクト22160哨戒艦も起工されます」

彼は話した。

フェドテンコフは更に、曳船、砕氷船、哨戒艦のクオリティを兼ね備えた根本的に新しい砕氷クラス哨戒艦プロジェクト23550の起工が計画されている事を指摘した。


プロジェクト22800「カラクルト」小型ロケット艦「ウラガーン」「タイフーン」は、2015年12月24日に起工されました。

[ロシア海軍の為のプロジェクト22800小型ロケット艦ウラガーンとタイフーンはサンクトペテルブルクで起工された]

今年(2016年)には、更に2隻が起工されます。


プロジェクト22160哨戒艦は既に2隻が起工されていますが、今年にも2隻が起工されるようです。
[ロシア海軍の為のプロジェクト22160哨戒艦は巡航ミサイル"カリブル"を装備する]

更に、プロジェクト20380コルベットも起工されるようです。
[新世代コルベット「ステレグーシチー」型]
こちらは太平洋艦隊向けかもしれません。